1頭のサラブレッドによって人は夢と勇気と希望を得ることが出来る。
地方競馬から中央競馬への挑戦、ハイセイコーの出現は多くの人びとに感動を与え続けた。ファンレターは「東京都ハイセイコー様」で届いたという。

ハイセイコーの子供にカツラノハイセイコがいる。父が勝てなかった日本ダービーと天皇賞・春に優勝、親子2代で成し遂げた栄光となった。

ハイセイコーの墓碑には『人々に感銘を与えた名馬、ここに眠る』と記されている。

ハイセイコー  鹿毛
1972年 地方競馬大井競馬場デビュー 6戦6勝、のち中央競馬に移籍
1973年 皐月賞
1974年 宝塚記念
(1970年ー2000年)