のんびりと草を食む栗毛の馬がいた。君があのミホのブルボン?相当太めじゃない、タイトルと違うよ。

『鍛え上げられた最強馬』
「強い馬は強い調教から創られていく」との哲学から、ミホノブルボンは栗東トレーニングセンターの坂路調教を繰り返した。付いた異名は「サイボーグ」
重賞初挑戦で皐月賞を逃げ切り、日本ダービーは4馬身差の圧勝でクラッシックニ冠達成。三冠の菊花賞、その強さから誰もが三冠達成かと思った刹那、ライスシャワーが襲いかかってきた!。 (後にライスシャワーは淀の刺客と呼ばれるようになる)

1992年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞2着、三冠ならず。
その後、故障のため引退。