果たして幼鳥は渡りが出来たのだろうか