ベッドの傍に若き日の立原道造がいた。