« 『シマエナガ・バードカービング』 | トップページ | 『待ち鳥来たリ 黄レンジャク』 »

『熱烈歓迎 大唐百舌』

未知のウイルスは「不来」ですが、唐からのこんな使者は「熱烈大歓迎!」

私は初見初撮りハンターでは無いのですが、このモズを見た時はモノトーンの美しさに心を動かされました。
地元に来た唐からの美しき珍鳥、撮りに来いと言う声でしょう。

しかしいつもの様に休日の都合と天気の折り合いがつきません。 初回は小雨時々曇り、雨粒で羽は濡れ羽色。 次はまっ晴れで、陽炎が出て画像が安定しません。希望の薄曇りは何処へ。

田園の中の飛行コースはほぼ決まっているので数ヶ所の定点で待つ事にしました 。モズの全長は20cm、以前撮ったオオモズは24cm、そしてオオカラモズは31cm、姿はオオモズに似ているけれどオオカラモズは尾羽が長く、翼の初列風切、次列風切まで白いのが特徴です。

先ずはフライトの連続モーションから

Img_1789eweb
Img_2038web 
Img_2042aweb
Img_2077web 
Img_2084web 
Img_2085zweb 
Img_2086-zeweb

Img_1407web 
Img_1290eweb 
Img_1347web

Img_1427web 
Img_1528web

ここではミミズなどを掘り起こしていました
Img_1515web 
Img_1508web 
美しさのひとつ、尾羽の長さが解ります
Img_2113eweb

ここで探したものはカエルでしたが、
この後のハヤ二エには失敗して落としてしまいました。
Img_1678web5
Img_1664zweb6 
Img_1662zweb 

背景の早咲きの桜の花の前を横切ります
Img_1614web 
Img_1623web

Img_1479web 
Img_2146eweb 
Img_2196xweb
Img_1872web

背景が人工物や構造物でもちょっと不思議な色合いに
Img_1193web 
Img_1213web

まだ捕まえてハヤ二エを作っている所を見ると、ここが気に入ったのでしょうか、もうしばらくは長居をしてくれるのかもしれません。

ここで終わるのですが、一回目に訪ねた雨の時の画像をちょっとだけ紹介しておきます。

Img_0582zzweb1
Img_0608zeweb2
Img_0609zxweb3 
 
Img_0683zweb7
Img_0795web11
画面に雨粒が見えてきました。 撤収です。




【画像はクリックすると大きくなります】


|

« 『シマエナガ・バードカービング』 | トップページ | 『待ち鳥来たリ 黄レンジャク』 »

コメント

ワタスゲさん お早うございます。

何日君再来♡
いっぱい撮りましょ… 近くの田んぼ 大唐百舌さん♪

投稿: 風のむろさん | 2020年3月24日 (火) 08時01分

こんばんは、風のむろさん。

地元に舞い降りた珍鳥さん、でもなかなか撮影には行かれず、休日はと言えば雨。 晴れたと思えば陽炎。 それでも遠方からの客人のおもてなしをしに、いや、おもてなしをされに行って来ました。

数年前に大百舌を撮った時はかなり遠かったのですが、大唐百舌は大きいのに更にもう場慣れしたのかかなり近くまで来てくれたりで楽しく撮影が出来ました。 それにしてもカメラマンもかなり遠方ナンバーが多く大人気者でしたね。
こんな唐の国からの客人は熱烈歓迎です。

投稿: ワタスゲ | 2020年3月26日 (木) 00時20分

彩の国には色々な珍客がきますね。 さすがに私も見たことがないオオカラモズは撮りに行きました。

現地に着くと物凄い人で農道が溢れる程。その人気の凄さにびっくり。そんな人の波も気にせずにオオカラモズはマイペースで飛び回ってくれました。
飛びものは難しいのですが何度も止まってくれるので、おかげで飛び出しは撮ることができました。
珍客に おもてなし、していただきました 謝々。

投稿: m-hosono | 2020年3月26日 (木) 16時58分

こんばんは、m-hosonoさんも撮影に腰を上げて行きましたか。

唐からの珍客は超人気者で日が増すに従って遠方からの車が増えていきました。
最盛期は1日で300人ほどのCMが田園に押し掛けたとかで身動きがとれなかったとも。
私が行った雨時々曇りの日は8人だけでしたが(笑)
逆に少ないと飛ばれた時に見失ってしまいます。

去年の年末から居るのでかなり人慣れ?いや人無視して、ここが気に入ったのでしょう、頑張って楽しませてくれました。 そう、おもてなしを心得たなかなかの迷い鳥でした。

投稿: ワタスゲ | 2020年3月27日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『シマエナガ・バードカービング』 | トップページ | 『待ち鳥来たリ 黄レンジャク』 »