« 『母の日の贈り物』 | トップページ | 【鉢合わせ】 »

『地元のフクロウ 巣立ち』

今年の「フクロウ回廊」は営巣も少なくまばらで寂しい思いでしたが、最後はやはり『地元のフクロウ』を書かなくてはなりません。

巣立ちはまだこれからと思いきや、
「雛の顔が見える!」、 夕方「2羽が同時に巣立ちをして並んでいる」、 翌日「ばらけているけれども被りも無く撮れる」との知らせ。
残念ながら私が撮影出来る休日まではまだ遠く、うらやましくもスルーの日々が続きました。

やっと撮影の日が来たのは巣立ちから3日目の事でした。果たして・・・
明け方行ってみると、1羽は高い梢の上で枝被り、もう1羽は窮屈な葉陰で後ろ向き、全く撮影の出来ない状態でした。

移動してくれる事や振り向きを期待しながら待機、そして他に見える所は無いかと辺りをうろうろ探しまわります。
やっと見つけたのは超低いアングルでの苦しい撮影。それでも風が吹いてどうにか被っていた枝も外れてくれました。

一番目の雛です。

Img_3801zxwweb1

Img_3541web2

Img_3612zxweb3

Img_3847web4


枝を飛び移りました! 仕切り直しでまた撮影場所を探すことになりました。
どうにか探し当てたのは、わずかの隙間から垣間見る正面の姿。


Img_7810web5 

Img_7804web6


後ろ向きの2番目の雛。 
リクエストが通じたのか、数分間だけこちらに向きを変えてくれました。


Img_3896web7

Img_3916zweb8

Img_3959zweb9


この親達は、雄は2017年からこの森に飛来して、雌は今年の2月に来てペアとなり、営巣した新しいカップルとの事。
代替わりしたのでしょうか、 お母さん、来年も来てぜひ営巣して下さい。

こうして3回続いた私の大好きなフクロウ達の「2019 巣立ち」は終わりました。



【画像はクリックすると大きくなります】

 

 

|

« 『母の日の贈り物』 | トップページ | 【鉢合わせ】 »

コメント

長い間のフクロウ観察お疲れ様でした。
鳥の中でもフクロウの雛の可愛さは別格ですね。
ふわふわにつぶらな瞳、それが野生で見られるのですから。
お母さんも悠然と構えて居る様に見えても辺りに五感?それ以上の感覚で見張っているし、愛情たっぷり。

今年営巣しなかった巣穴、来年来てくれるかどうか。相棒が来られなくなったりする事もあるので心配ですね。
いつまでも残しておきたいフクロウの飛来地です。

投稿: 散歩鳥 | 2019年5月24日 (金) 18時16分

こんばんは散歩鳥さん。

今年も大好きなフクロウ達に出会う事が出来てほのぼの(^^) 毎年出会っても毎年会いたくなるものですから。

そう、心配なのは、うまくペアで巡り合えなかったのか、今年営巣した所が少なかった事です。
大型の猛禽類がいつまでも身近にいられる環境が守られる事を願っています。

投稿: ワタスゲ | 2019年5月27日 (月) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『母の日の贈り物』 | トップページ | 【鉢合わせ】 »