« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

【鉢合わせ】

森の中の小道を奥に進んで行くと、道端に沢山の鳥の羽が散らばっていました。 猛禽に捕食された小鳥の跡です。

視線をあげると、目の前の枝の上で何やら盛んに動いている小さな猛禽がいました!
瞬間、目が合ってあまりの至近距離にお互いが固まります。 枝の上で食事中だったツミ、突然の侵入者に餌をくわえたまま飛び去って行きました。

暫くすると、今度は距離間を持って視界の中に戻って来ました、ここが彼の縄張りの様です。 
虹彩は赤褐色、胸はまだ色も付いていない若い雄です。

Img_1659web1

Img_1668web2
 
Img_1677web3  


枝の影なので目視での確認は出来ませんでしたが、やはりさっきの続きで餌を千切りながら口に運んでいました。

Img_1688web5

Img_1731web6

Img_1728web7 

食が満たされると悠然と辺りをにらみつけ、去って行きました。

Img_1740zweb8

Img_1763zxweb9


ツミは鳩ぐらいの大きさしか有りませんが、小さくても、若くても、威風堂々
猛禽です。



【画像はクリックすると大きくなります】


 

| | コメント (0)

『地元のフクロウ 巣立ち』

今年の「フクロウ回廊」は営巣も少なくまばらで寂しい思いでしたが、最後はやはり『地元のフクロウ』を書かなくてはなりません。

巣立ちはまだこれからと思いきや、
「雛の顔が見える!」、 夕方「2羽が同時に巣立ちをして並んでいる」、 翌日「ばらけているけれども被りも無く撮れる」との知らせ。
残念ながら私が撮影出来る休日まではまだ遠く、うらやましくもスルーの日々が続きました。

やっと撮影の日が来たのは巣立ちから3日目の事でした。果たして・・・
明け方行ってみると、1羽は高い梢の上で枝被り、もう1羽は窮屈な葉陰で後ろ向き、全く撮影の出来ない状態でした。

移動してくれる事や振り向きを期待しながら待機、そして他に見える所は無いかと辺りをうろうろ探しまわります。
やっと見つけたのは超低いアングルでの苦しい撮影。それでも風が吹いてどうにか被っていた枝も外れてくれました。

一番目の雛です。

Img_3801zxwweb1

Img_3541web2

Img_3612zxweb3

Img_3847web4


枝を飛び移りました! 仕切り直しでまた撮影場所を探すことになりました。
どうにか探し当てたのは、わずかの隙間から垣間見る正面の姿。


Img_7810web5 

Img_7804web6


後ろ向きの2番目の雛。 
リクエストが通じたのか、数分間だけこちらに向きを変えてくれました。


Img_3896web7

Img_3916zweb8

Img_3959zweb9


この親達は、雄は2017年からこの森に飛来して、雌は今年の2月に来てペアとなり、営巣した新しいカップルとの事。
代替わりしたのでしょうか、 お母さん、来年も来てぜひ営巣して下さい。

こうして3回続いた私の大好きなフクロウ達の「2019 巣立ち」は終わりました。



【画像はクリックすると大きくなります】

 

 

| | コメント (2)

『母の日の贈り物』

先日、地元のフクロウも急ぐように巣立ちをしていきました。
そしてこちらは、連休中に何度も通った 「おもてなしゴットマザー」 の巣穴のその後の話です。

夕方に2羽の雛が巣穴から顔を見せた翌日、雛は直ぐに2羽とも巣立ちをしました(残念ながら2羽並びは平日でした)
行ってみると1番雛は遥か高い欅の枝を登ってしまった様で、見えるのは後姿。
二番雛は巣立ち後に落ちてしまい、梯子で枝に上げられました。雛はまだ上手く枝渡りが出来ないので良く落下します。

Img_7964zxzweb1

Img_7946web 

Img_7941zxweb2 

Img_7942zweb


ゴットマザー  は無事に子供を 巣立ちさせてひと安心。それでもカラスを警戒して悠然と構えて居ました。

Img_2862web 


すると急に飛び立ち、直ぐに戻って来た時にはくちばしにお食事をくわえていました。

雛に給餌をするのかと思っていると、あれ、全く違う方向へ飛び去ったのです。
そして小一時間程 戻っては来ませんでした。

Img_8006zxweb3 

Img_8009zxweb4


この日は母の日。 きっとあれは 「巣立ちまでお疲れ様でした! ありがとう 」 と夫が妻に贈ったご褒美のプレゼントだったのかもしれません。



【画像はクリックするとおおきくなります】


| | コメント (6)

『峠のコマドリ』

コマドリ撮影は今まで奥日光や八ヶ岳に行っていました。 
でも今年の八ヶ岳営巣地は去年の夏の台風により沢が崩れて立ち入り禁止、長い復旧工事が始まっていました。
なので7、8年ぶりに比較的近場の峠のコマドリに会いに。
とは言ってもたっぷり3時間の道のりです。

山道を行くと何ヶ所かコマドリポイントがあるのですが、えっちらこっちら上へ上へと更に登って行きます。

Img_1644web1

Img_1444zxweb2 

Img_0009zweb5 

Img_0760web6 

このテリトリーには2羽の雄がいます。出演回数は多いのですが大きな声で鳴いてはくれません。

Img_9825web7 

Img_9827web8 

Img_1612web9 

Img_0032web10

Img_0297zweb11

Img_0715web12 

Img_0707web13

遅れて雌もお出まし

Img_0618web7a_1

 Img_0635web7b_1


更に山道を400m程奥に向かうと。。。良くさえずる雄に出合いました。
でもこのコマドリは一生懸命に鳴くのですが裏の楽屋ばかりで、表舞台では鳴いてくれません。
声を頼りに探すと、笹藪の後ろの見えにくい枝の上がお気に入りの場所の様です。

Img_1295web4

Img_1344web14

Img_1331web15

Img_1261web16

Img_1221web17

Img_1489zyweb18 

Img_1583web19 

Img_1485web20 

Img_1179web22

Img_9878zeweb21 

Img_1641web23 

最後は可愛い顔でお見送り。
行きはよいよい帰りは辛い、渋滞で4時間、連休半ばの鳥撮りでした。



【クリックすると画像は大きくなります】

| | コメント (2)

『ゴット マザー』

5月1日。令和元年の始まり

5月はフクロウの季節。
もう巣立ちの頃と、遊水地周りの『フクロウ回廊』4県をひとっ走りして来ました。

一か所目のコブシの木の巣穴、辺りは静まり返り、今年は営巣していませんでした。
毎年来ていただけにちょっと心配な出来事です。

河川敷のトラフズクの森広場、ここに一族の姿が見えません。
公園管理事務所の話でも今年は居ないとか。

3ヶ所目、4ヶ所目の神社のフクロウ営巣地にも全くいません。

5ヶ所目でやっとフクロウの親に会えました。
雛はまだ巣穴から顔すら出していませんが、高い欅の枝でゴットマザーが見守っています。

Img_2030zxweb1 

一見寝ている様でも、直ぐに目を開けては辺りを見回して  ぬかりはありません。

Img_1798zweb2 

「見守りって、肩が凝るのよねぇ~」と、
盛んにストレッチを繰り返していました。

Img_1963web3 

Img_1915web  

Img_1930web5

Img_1944web6


そしてしばらくすると、何やら今までに無い動きをしだしました。
遠来からの客人に 最後の お・も・て・な・し

Img_2003web7

Img_2004web8 

Img_2008zzweb9


こんなに営巣しなかったことは初めての事、
今年はちょっと寂しい「フクロウ回廊」になりそうです。



【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (4)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »