« 『元旦』 | トップページ | 『一度だけの遭遇』 »

『♪お正月を写そう、きれいな瑠璃色を写そう!』

「三度目の正直」あるいは「二度ある事は三度ある」 とも言いますが。
物事は三度目には願いが叶ってうまくはこぶ!のはず。
あぁ、それなのに。。。

穏やかな快晴の日、家を出る時には風は全く吹いていません。 2時間程走って現地に着くとものすごい風が吹き荒れています、体ごと持って行かれそうなくらい。
お正月の休日を三日も使って二ヶ所に同じ鳥を撮りに行ったのに、いずれの日も強風で目的の鳥は飛んでくれませんでした(涙)
日没まで待っても風は収まらず、「さ、さ、三度目の正直は何処に行ったぁ~~~!」
待ち鳥来たらず。

                                                      ◇

そんなわけで気を取り直して今度は地元にお正月を撮りに行く事にしました。 新年と言えば幸せの青い鳥でしょう。
毎年近くの森に来てくれるルリビタキ、今年で4回目の出会いとなりました。 なので通称「4年もの」、実年齢は不明。 確実に毎年きれいな瑠璃色になっていきます。

実はこのイケメンルリ君にも去年の暮に二度振られてしまった事があり、この日は三度目の正直での御対面となったのです。

Img_2147web1

Img_2148web2

Img_2150endweb4_2

Img_2117web3_3

Img_2111zwebz5_2

思いが通じたのでしょうか、早咲きの蝋梅の花に止まりました。

次の朝も振られないうちに通います。 しかしかなり待っても出演は無く、待ちくたびれた頃に倒木に生えた苔の上にお出まし! 瑠璃は緑にも映えます。

Img_2296zweb1

Img_2427zweb2

Img_2567zxweb3

Img_2542web4
          いい青をしています。

Img_2554web5

Img_2352web6



それでも現れてくれるのはほんの数十秒から一分間程の気まぐれです。
もしかしたら落ち着かないのはこのせいだったのかもしれません。

ちらっと鳥影が視界を遮りました。 近くにあるケヤキの二股の窪みに溜まった水を飲みに来た小鳥がいました。
見え隠れする姿を確認用に撮ってみるとルリビタキの雌です。
まだ若そうなお嬢さん、ここで見るのは初めての事でした。

Img_2780web1

Img_2734web2

Img_2792web3

雌は可愛い顔をしていても雄より気が強く、もしかしたら雄のテリトリーに侵入してきて追い出してしまうかもしれません。
出来れば気立ての優しいフレンドリーな女の娘であることを祈るのですが・・・





【画像はクリックするとおおきくなります】

|

« 『元旦』 | トップページ | 『一度だけの遭遇』 »

コメント

明けましておめでとうございます。
最近は四度目の正直と言うのでは?ないでしょうか。
トライして四回分の密度の濃い画像をゲットしてください。
何の鳥を狙いに行ったのでしょうか、楽しみにしています。

さすが4年もの、きれいな瑠璃色ですね。
それに蝋梅の黄色にも苔の緑にも合って一段と鮮やかな美しさ。
三年ものを見たくて去年の画像まで遡ってみましたが、雪のルリビタキがそうでしょうか?


投稿: 散歩鳥 | 2019年1月 9日 (水) 16時36分

こんばんは、散歩鳥さん。
今年もよろしくお願いいたします。
四度目の正直、いいですね!
三度も会えないと、もう居ないのでは?と言う思いが頭を過ぎりますが、それを信じてトライしましょう。

4年もの瑠璃色、地元びいきではありませんが確かに綺麗です。3年物までさかのぼって見ましたか(笑)去年の「雪の中のルりビタキ」が同じ個体です。
今年も雪が降った時に撮れるといいのですが。。。

投稿: ワタスゲ | 2019年1月11日 (金) 01時52分

こんにちは、ワタスゲさん。年のはじめは幸せの青い鳥。
きれいな瑠璃色ですね。青年と言うところでしょうか。花の薄黄色と良く似合います。

同じく年のはじめ三度めの出会い成らず。これに懲ずに再度挑戦して難鳥の正体を見せてください。
今年も「森へ行こう・ワタスゲワールド」を楽しみにしています。

投稿: m-hosono | 2019年1月13日 (日) 12時20分

ワタスゲさん おはようございます!

新春寿ほぎ華やぐ蝋梅
これまた幸せ瑠璃鶲さん♪
筑波颪の空っ風
納まったら 灰沢鵟さんや小耳木莬さん!
待ちます朗報…
攣れない鳥さん情報 有難い貴重なお話!
今年ものんびり参りませう。

投稿: 風のむろさん  | 2019年1月14日 (月) 09時00分

こんばんはm-hosonoさん。
なかなか止まらない蝋梅に止まった所を写せたのは幸運でした。 薄黄色が青に似合い早春の感じ。
でもそれも三回通って一瞬のワンシーンの事ですから。

そしてチョイ遠征は帰りの暗かった事、いつになったら光が見えるのか、やはり初詣の時におみくじの買い忘れが響いているのかもしれませんね、お賽銭は奮発したのですが。。。残すは神頼みです!

投稿: ワタスゲ | 2019年1月17日 (木) 00時34分

こんばんは 風のむろさん。
朗報を得たらむろさんの所に飛んで行こうと思って何度も通いました。行きは楽観的、帰りは悲観の繰り返し。
実は4回目も挑戦しました! 今度は風の無い絶好のコンデション。
なのに、結果は聞かないでくださいませ。
そう、通いつめた鳥は大好きな小耳木莬でした。
生まれ変わった時には「草食系の小耳木莬になりたい」と思うほど好きなのですが、今年に入ってからは出が悪くちょっと様子を見る事にします。
今週はカービングが山場になるのでちょっと励み、来週には気分一新してガンバ!

投稿: ワタスゲ | 2019年1月17日 (木) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『♪お正月を写そう、きれいな瑠璃色を写そう!』:

« 『元旦』 | トップページ | 『一度だけの遭遇』 »