« 『ひねもす のたりのたりかな』 | トップページ | ハイイロチュウヒ 雌 »

『パンダガモ飛来』

この日は薄曇りで日差しは弱かったのですが、それでも瓢箪形の池を一望できる撮影地は逆光でした。
被写体が池の右側に来てくれると光は和らぎ水の色も出るのですが。

ミコアイサが飛来して来ました。
警戒心が強く、ゆっくりと少しづつ間合いを詰めて行っても気配を感じて遠ざかります。 その繰り返し。
距離は諦めて全体を俯瞰出来る場所から我慢の撮影となりました。

待ちタイムが過ぎるとやっときらめく水の色の方に進んできました。

Img_1455zweb1

Img_1494zweb2

Img_1498zweb3

飛来して来たのは2羽。 まだ雄の若者のようです、兄弟でしょうか。
立ち上がってご挨拶!と思いきや あれっ、後ろ向き。

Img_1499zaweb4

Img_1502zweb5

Img_1504zweb6

池の左右ではこれだけ水の色が違います。

Img_1639web7

Img_1630web8

Img_1415web9

Img_1646web10

Img_1383webz11_3

この後はまた池の日蔭に戻るとまったりとして動きを止めました。
食後の休憩みたいです。
Img_1531web12

【クリックすると画像は大きくなります】

|

« 『ひねもす のたりのたりかな』 | トップページ | ハイイロチュウヒ 雌 »

コメント

ワタスゲさん おはようございます!

長旅お疲れ 暫しまったり
遠来の神子秋沙さん♪
段々仲間も増えて 賑わいそうです!
寒くても 一度は逢いたい冬の使者!です。

投稿: 風のむろさん  | 2018年12月17日 (月) 07時28分

こんばんは、風のむろさん。
今年も来ているだろうかと鳥撮りの途中に立ち寄った池でした。 いてくれました!
白い鳥は遠くても目立ちます。

神子秋沙は毎年会いたい鳥のひとつ、出会えると嬉しくなる魅力を持つ鳥ですね。
同じポーズばかりなのについつい撮影時間が長くなってしまいました。
もう少ししたら本体の群れがやって来るかもしれません、期待して待ちます。 その時はまた掲示板にお邪魔します。

投稿: ワタスゲ | 2018年12月18日 (火) 00時31分

冬が来ると一度は会いたいバンダカモ!愛されています。
色が溢れている中では白黒は印象深く、まして目の回りは黒、人気があるのがわかります。
いいですね、会いたくても私の周りでは見つかりません。
水の色も面白い色できれい。

投稿: 散歩鳥 | 2018年12月19日 (水) 15時59分

ミコアイサを見ると、10年以上前に初めて撮影した時の事を思い出します。
早朝の食事中で、直ぐに水の中に潜り何処に浮かび上がってくるかもわからず、姿を見せるのは1秒程。
栃木県の井頭公園での事でした。

あれから毎年ミコアイサを探してはシャッターを切っているのですが、本体も背景も光線も情景も良いのはなかなか撮れません。
近くで、羽が白飛びせずに、水の色がきれいで、芸をしてくれる日、を待ち望んでいます。

投稿: | 2018年12月22日 (土) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『パンダガモ飛来』:

« 『ひねもす のたりのたりかな』 | トップページ | ハイイロチュウヒ 雌 »