« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

『10年早い!』

葦の生えた小さな池からコガモの声が聞こえてきます。
姿は見えません。

すると突然、凄い地響きの様な羽音がしたと思うと、コガモの群れが頭上をかすめる様に現れては去って行きました。
そのあとを猛禽が追います。 オオタカがコガモを狙って朝食のハンティングでした。

しばらくするとオオタカはカメラの視界に入る枝に止まりました。
どうやら朝食は食べそこねた様です。 見るとまだ若鳥のオオタカ。
若がコガモを襲うとは、人で言えば「10年早い!」と言われます。

まだまだ修行が足りません。

Img_8627web1

Img_8623web2

Img_8644web3          どうして失敗したか 一人反省会。

Img_8667web4

Img_8668web5

以前に見た成長のオオタカの鴨ハンティングは壮絶でした。
捕まえてからも激しい抵抗にあい、長い時間四苦八苦していましたから。

オオタカの名前の由来は決して大きさから来るのではなく、成長の羽の色が青みがかった灰色から蒼鷹(アオタカ)と呼ばれ、オオタカになったと言われています。

食物連鎖の頂点に君臨しているオオタカ。 羽が灰色になる頃、もう少し修行を積んだら美味しい鴨料理が食べられる様になるかもねぇ~

【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『久々のアップです!』

この秋は公私共に忙しく、一ヶ月ぶりのブログアップとなりました。
その間、鳥撮りには何回か行ったのですが、載せる時間も無く今夜を迎えました。
そこで初冬からちょっと秋真っ盛りにプレイバック! して続きを始めます。


草刈りを延期してもらった、あの 『繁殖地のセッカ一族』 はその後どうなったのでしょうか。 この話からしなくてはなりません。

もう土手は丸坊主と思って立ち寄ってみると、セイタカアワダチソウはまだ健在で一面の黄色に染まっていました。 「私らも鬼ではないので」の心優しい監督さんに感謝です。

セッカはと言うと、人の心知らずか遠くを飛んでいます。そして止まらずに直ぐに草むらの中に姿を消してしまいます。

Img_9106zzeweb1

Img_9061web2

Img_9049zeweb3

Img_9464web4

Img_9032zweb5

Img_9042web6

そんな歯がゆい鳥撮りの数時間が過ぎた頃、見たことの無い光景に出会いました。
親鳥がアワダチソウに止まり、静かだった辺りにひときわ大きな声で鳴き始めたのです。

Img_9727web7

Img_9384web8

すると辺りからもそれに応える様に、小さな鳴き声が数ヶ所から聞こえてきました。
幼鳥の声です。

やがて「ここにいるよ」とばかりに2羽の幼鳥がアワダチソウの上に昇って姿を見せました。
それはまるで親が全員集合を掛けたみたいで。

Img_9677weba

Img_9605webb

Img_9581webc

この幼鳥はまだくちばしも淡く、尾羽は無いくらい短く、体の色も薄いので、きっと最後に巣立ったのでしょう。

「おかげでこんなに飛べる様になりました!」とでも言うように、姿を見せに来た光景でした。  これがセッカの恩返し、だったのかもしれません・・・



                        □ □ □

この日は同じ河川敷のテリトリーにノビタキが数羽、渡りの途中に立ち寄っていました。
同じエリアなのでセッカとノビタキが出合うとつばぜり合い。
姿は小さいけれど、先住民のセッカはノビタキを追い払います。
セイタカアワダチソウの生い茂る土手は長さ200m程しか残っていないので、ここは貴重な虫のいる餌場なのでしょう。

Img_8825zweb1

Img_9360zweb2

Img_8720web3

Img_9009web4

Img_8758web6

Img_9273web5_2

こうして秋が過ぎて行きました・・・

【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »