« 『札幌みやげ ツーカット』 | トップページ | 『のび蕎麦』 »

『セッカ一族の危機』

まだ一面緑のセイタカアワダチソウの土手に、セッカが数ヶ所で子育てをしています。
飛び回る数は10羽程。 複数の雌と飛べる様になった幼鳥、まだ巣立ちしたばかりのよちよち止まりの群れ、一夫多妻なのですべては一族なのかもしれません。

やんちゃ坊主の様な顔と仕草のセッカは可愛い。

Img_5850weba1

Img_5710web2

Img_6575web3
Img_6315zweb4

Img_6632web5

Img_5840web6
神出鬼没でなかなか止まってはくれません、餌を捕ると直ぐに巣立ちした雛を探しては草むらに飛び込んでしまいますから。
餌に捕まえているのは蜘蛛や蜂、芋虫などでした。

Img_5676zwec9

Img_6765webc13

こちらは飛び始めた幼鳥達、まだあどけなさが残ります。

Img_6706web10

Img_6707web11

Img_5834webh14_2

Img_5843webh15_2

・・・撮影をしていると嫌な予感。
遠くからブルトーザーの様な草刈り車の激しい唸りが響いてきます。 土手全面の草刈が始まった様です。

工事監督さんに聞くと、心配した様にセッカの繁殖している場所も今日中に全てが刈り取られてしまうとか。
事情を話して国土交通省と連絡を取ってもらい、繁殖地のエリア長さ200m程の草刈りの日にちを延ばせないかとお願いをしました。
遅く巣立ちをしたばかりの幼鳥は移動するのにまだ数日はかかりそうなのです。

何度かセッカの生態を話していると、監督さんからの言葉は 『私らも鬼ではないので、しばらく待つ事で国土交通省と交渉してみますから』 でした。


結果、200m程の繁殖地の草刈は予定を延期、工期の最後にしてもらえる事になりました。
鬼ではない監督さんに感謝!です。

Img_6446web17

Img_6589zweb16_2

Img_6331web18

見渡す限りの草が無くなった時、セッカ一族が河川敷の草地に無事移動してくれることを祈ります。




【画像はクリックすると大きくなります】

|

« 『札幌みやげ ツーカット』 | トップページ | 『のび蕎麦』 »

コメント

ワタスゲさん おはようございます!

此のご恩は一生忘れません!
一族みんなで 感謝♪です。
巣立てば直ぐに遠くへ翔びます雪加ちゃん!
心も晴れ晴れ 良かったですね!

投稿: 風のむろさん  | 2018年10月 7日 (日) 06時58分

こんばんは、風のむろさん。
セッカは6月から9月ごろまで繁殖するとは聞いていましたが、10月に入ってまで営巣しているとはさすがにびっくり。留鳥だから遅くても大丈夫なのでしょうか。

ある雛は少し飛べる様になり、ある雛は雌が餌を巣の辺りに運ぶので飛べるかどうかの判断には迷いましたが、出来れば工期の最後に刈り取ってもらえればと、地元の鳥見人3人で頼み込んだ次第です。

セッカは巣立てば直ぐに遠くまで飛べるのなら安心です。
ホッ!。 そして監督さんにも感謝!。 

投稿: ワタスゲ | 2018年10月 7日 (日) 18時14分

セッカは留鳥なので何度でも抱卵をするのでしょう。
それにしても鳥に理解のある現場監督さん。私は鬼ではありませんからと言う言葉に人柄と心優しさが表れています。

セッカも監督さんとワタスゲさんに感謝をしているでしょう。
雀より小さく、色が見映えするでもなく、目が大きなわけてもなく、それでいてかわいい!。

さすが背景派、一面の緑に映えます。

投稿: m-hosono | 2018年10月 9日 (火) 13時09分

こんばんは、m-hosonoさん。

監督の企業は地元の河川工事に数多く関わっている様で、もしかしたら鳥の営巣には何度か出くわしているのかと。

以前にも少し離れた場所で草刈の途中にコヨシキリの巣が見つかり中断していたことがありましたから。
鳥仲間の間では親切な監督さんの株は急上昇!感謝です。

投稿: ワタスゲ | 2018年10月10日 (水) 23時34分

おはようございます。心優しいワサスゲさん。
セッカの恩返しがあるときに備えてひと言。

大きななツヅラがいいか、小さなツヅラがいいかと聞かれたら小さなツヅラが良いと答えましょう。
以前何かでワタスゲさんは貰うなら小さくて重いツヅラがいいと言っていた事を思い出したので。

玉手箱をもらったら即、誰かにあげてしまいましょう。

心配なので一筆かきそえました。
緑の背景に生き生きセッカが映えています。

投稿: 散歩鳥 | 2018年10月12日 (金) 10時26分

散歩鳥さん、ご心配ありがとうございます。
草刈り延期は3人の仲間と一緒に交渉したので、お礼が出たら三等分します。
一人には大きなツヅラを、もう一人には玉手箱をあげましょう。

私には美女が訪ねて来て「決して部屋を覗かないでください」と言われ、ゴットンバッタンと音がしたら、セッカのダウンコートがもらえると思って我慢します。
今年の冬の鳥撮りはダウンで温かいぞ!

投稿: ワタスゲ | 2018年10月13日 (土) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『セッカ一族の危機』:

« 『札幌みやげ ツーカット』 | トップページ | 『のび蕎麦』 »