« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

『のび蕎麦』

今年は蕎麦の花の最盛期に大型の風台風が通過、畑のほとんどの茎は倒れてしまいました。
立ち上がる事をかすかに期待して、しばらく待ってから撮影に行く事を決めたのですが半分は諦め気分。
回復する気配も無く花の盛りも過ぎてちょっと寂しい蕎麦畑でした。

そんな畑でもノビタキはやって来てくれました。 広い蕎麦のあちこちを数羽づつの小さな群れが飛び交っています。

Img_7651zaweb1a
Img_7645zaweb2

Img_8603zwwb3b

Img_8590ezweb4b

Img_8319endweb5c

白い花の中にピンクのイヌタデの花がかなり伸びてきて白蕎麦畑なのに赤白畑の様にも見えます。

Img_8550zxweb7

Img_8472eweb8

Img_7424web12

Img_8497zweb10

Img_7209web8_2          夏顔の黒がほとんど消えた雄


蕎麦畑の中に止まる所はほとんどありませんが、それでもわずかに頑張って立っている茎で餌捕りと しばしの休憩。
遠すぎてオートフォーカスがはねられてしまいます。 ライブビュー画面を見ながらの手動合わせとなり、そのうちに飛ばれたりの繰り返し。

Img_7325zweb11

Img_7143zweb12

Img_7368zweb14d

Img_8307zaweb15

止まる所も一定しておらず、あちらと思えばまたこちら。 機材を持ってのウオーキングをさせてもらいましたが、楽しい朝の数時間が過ぎて行きました。

Img_7343zxweb16

Img_8028web17

【画像はクリックすると おおきくなります】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『セッカ一族の危機』

まだ一面緑のセイタカアワダチソウの土手に、セッカが数ヶ所で子育てをしています。
飛び回る数は10羽程。 複数の雌と飛べる様になった幼鳥、まだ巣立ちしたばかりのよちよち止まりの群れ、一夫多妻なのですべては一族なのかもしれません。

やんちゃ坊主の様な顔と仕草のセッカは可愛い。

Img_5850weba1

Img_5710web2

Img_6575web3
Img_6315zweb4

Img_6632web5

Img_5840web6
神出鬼没でなかなか止まってはくれません、餌を捕ると直ぐに巣立ちした雛を探しては草むらに飛び込んでしまいますから。
餌に捕まえているのは蜘蛛や蜂、芋虫などでした。

Img_5676zwec9

Img_6765webc13

こちらは飛び始めた幼鳥達、まだあどけなさが残ります。

Img_6706web10

Img_6707web11

Img_5834webh14_2

Img_5843webh15_2

・・・撮影をしていると嫌な予感。
遠くからブルトーザーの様な草刈り車の激しい唸りが響いてきます。 土手全面の草刈が始まった様です。

工事監督さんに聞くと、心配した様にセッカの繁殖している場所も今日中に全てが刈り取られてしまうとか。
事情を話して国土交通省と連絡を取ってもらい、繁殖地のエリア長さ200m程の草刈りの日にちを延ばせないかとお願いをしました。
遅く巣立ちをしたばかりの幼鳥は移動するのにまだ数日はかかりそうなのです。

何度かセッカの生態を話していると、監督さんからの言葉は 『私らも鬼ではないので、しばらく待つ事で国土交通省と交渉してみますから』 でした。


結果、200m程の繁殖地の草刈は予定を延期、工期の最後にしてもらえる事になりました。
鬼ではない監督さんに感謝!です。

Img_6446web17

Img_6589zweb16_2

Img_6331web18

見渡す限りの草が無くなった時、セッカ一族が河川敷の草地に無事移動してくれることを祈ります。




【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »