« 『ただの 〇』 | トップページ | 『幸せの青い蜂』 »

『怪鳥現る』

「危険な暑さ」が通り過ぎて行くのをひたすら待っている8月。
鳥撮りは開店休業状態。
南からは台風13号が関東直撃コースをとりゆっくりと進撃開始、今週の天気は大荒れになりそうです。

そんな中、彩の国の田園の上を世界最大の鳥が飛んでいると聞いては撮りに行かなくてはなりません。
でも現地に着いてみるとそれらしき鳥は見当たりません。

Img_4307web

Img_4312web_2

よく見える様にと50m程飛び上がってみました。
すると、いました!
「コンドル」が飛び立つところでした。

Img_4332web


こちらはコンドルの先端に描かれているナスカの地上絵 「ハチドリ」

Img_4343web
広さ2.8ヘクタール (170m×180m  25mプール93面分)
ギネス認定 世界最大の「田んぼアート」です。 

行田 田んぼアートの今年のテーマは『大いなる翼とナスカの地上絵』
稲の種類は緑の背景の「彩の輝き」、コンドルの翼は「むらさき905」など8種類を使用。
下の画像が構想図の一部。

Img_4353web_2

7月の台風による水没にも耐えて無事に飛び立ちました。
これを見る時は、サイモンとガーファンクル『コンドルは飛んで行く』のケーナの音色をくちずさみながら見てください。

余談ですが、日本の競走馬でパリ凱旋門賞2着馬(日本馬最高位)「エルコンドルパサー」 が大好きでした。 スペイン語で「コンドルは飛んで行く」ですから。



【画像はクリックすると大きくなります】


夏の行田と言えば古代蓮。 蓮の茎に水を通すと、下の写真の様に葉脈の先端からシャワーの様に水が湧き出てきます。 涼を取るにはgood idea!

Img_4376web

Img_4369web

|

« 『ただの 〇』 | トップページ | 『幸せの青い蜂』 »

コメント

ワタスゲさん こんばんは!

彩の国は鳥処
空高く舞い上がる
田んぼに珍鳥 コンドル・蜂鳥♪
ご案内 感謝

田んぼアート
瑞穂の國 米どころ
田舎館村から始まって
陸奥各地で見かけます。

投稿: 風のむろさん  | 2018年8月 7日 (火) 19時55分

こんばんは、風のむろさん。

連日の危険な暑さに鳥撮りは休業状態です。 と言うより暑さに負けて怠け病が。
巨大田んぼアート、今年で11回目ですが鳥がテーマとは初めて、ならば行かなくては!と鳥撮りに出かけてみました。
見事な出来栄えに受付の人に「稲の種類」「制作方法」「収穫時期」など質問攻めでした。

そうですか、田んぼアートが陸奥の國で始まり広まっていったとは知りませんでした、さすが米どころ。
それにしても複雑で巨大な絵をどうやって描くのか、興味はつきません。

投稿: ワタスゲ | 2018年8月 8日 (水) 00時41分

こんばんは。台風はゴジラの様にゆっくりと東京を目指して進んで来ます。ただひたすら暴れないで去ってくれるのを祈るだけですね。

コンドルは飛んでいく、ロマンがあります。
ハチドリの書かれたナスカの地上絵の上を飛び立つ巨大なコンドル。いい着眼点に花丸贈呈!。
どうやって植えたのでしょう、
話のネタに困りませんね。いいもの見せてもらいました。

投稿: m-hosono | 2018年8月 9日 (木) 00時44分

こんばんは、m-hosonoさん。
goziraは東北沿岸をかすめて北上中。

私のブログは鳥撮りだけでなく、四季折々の花鳥風月、トリビア的面白話も好きですから話題はあちらこちらに飛びます。

行田のギネス地上絵、今年はタイムリーにコンドルとナスカの地上絵のコラボがテーマでした。こういう話題、大好きです。
頭の中では「コンドルは飛んで行く」が響いて離れません。

田植え、どうやって絵のポイントを描くのでしょうね。図面を見てもわかりませんでした、不思議。

「カプリコン1」をレンタルに借りに行ったのですが家の近くでは置いてありませんでした。そこで今日、YouTubeで見ました。15分づつの分割でしたが。 今でも十分に面白いSFと言うよりサスペンスものでした。

投稿: ワタスゲ | 2018年8月10日 (金) 00時10分

またまた湿気のある猛暑が戻ってきました。
エルコンドルパサーの意味はそういう事でしたか。凱旋門賞二着と言う事は知っていましたが。
でもこちらのエルコンドルパサーはギネス世界一!。

設計図の様に細かく区割りをして田植えをしたのでしょうか。コントルもハチドリもお見事‼️。
では実際のナスカの地上絵はどうやって? 謎は謎のままの方が楽しいのかもしれませんね。

投稿: | 2018年8月11日 (土) 12時17分

こんばんは、散歩鳥さん。

確かG1レースのTVの実況の時に「エルコンドルパサー、飛んでいるような速さ!」と言っていました。
競走馬の世界一を決める凱旋門賞レースは惜しくも二着でした。まだ日本の馬では優勝馬はいませんから。

ナスカの地上絵、描き方は「種まき方」とか色々な推理がなされていますが、正確には解りません。
マチュピチュといい、アンデスは謎に包まれた魅力ある所ですね。
私がいちばん行ってみたいところはボリビアの「ウユニ湖」ですが。。。

投稿: | 2018年8月12日 (日) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『怪鳥現る』:

« 『ただの 〇』 | トップページ | 『幸せの青い蜂』 »