« 『ブサカワ オヤジ顔』 | トップページ | 『コルリの子育て』 »

『レンゲツツジの中で』

例年より2週間程早く、まだレンゲツツジは蕾と思いながらも高原に行って来ました。
するとびっくり! 一面見頃を迎えていました。
今年は春も初夏も、花も鳥も、全てが早い様です。

Img_8446web1

Img_8448web2

登山道の花の丘はノビタキの影は薄く、遥か遠くを飛ぶだけでシャッターは一度も切れません。 
更にいつしか濃い霧も忍び寄っていました。 ファインダーの中は灰色の世界、霧の切れ目も無く敢えなく撤退です。 


午後、山道を1kmほど歩き探鳥したでしょうか、かなり広範囲を歩きまわって疲れ果てた頃、やっとノビタキに出会う事が出来ました。
こちらはまだ蕾も残っている感じ、少しの標高差で開花も微妙に変わります。

Img_9140zweb3

Img_9292zenweb4

Img_9172enweb5

Img_8688enweb7

Img_9105web8

Img_9155web6_3

二組のペアが飛び回っているのですがレンゲツツジの花には止まってくれません。 それでも雰囲気だけでも。。。

せっせと大きめの餌も運んでいましたから、雛達の巣立ちは近いかもしれません。
雌は人懐っこく、近くに寄って来ては愛嬌を振りまきます。 この電線には鹿よけの弱電が流れているのに鳥は素足で(笑)大丈夫なんですねぇ。 (ちなみに三脚が触れると手までがピリピリと痺れます)

Img_8559web11

Img_8525web12

Img_8907web13

緑の草原の中、ソングスポットではホオアカが囀って相棒探し。

Img_9048web9

Img_9062web10

Img_9093web11_2

                           □

Img_9192web12_2 Img_8499web13

Img_9343enweb14

Img_9310web15

こちらがこの繁殖地のペア。 同じ枝に止まり、餌を運んでくるコースも決まっていてお気に入りの枝があるようです。

Img_9272web16

Img_9288web17

長くだらだらと続く小石混じりの帰り道、でもレンゲツツジとノビタキが撮れたので肩に食い込むカメラの重さも苦になりません。撮れると撮れないでは大違い。
この日は午前中曇り、午後から雨との天気予報でしたが雨は降らず。「終わり良ければ全て良し」
。。。また霧が出てきました。




【画像はクリックすると 大きくなります】

|

« 『ブサカワ オヤジ顔』 | トップページ | 『コルリの子育て』 »

コメント

ワタスゲさん おはようございます!

♬♬~夏が来れば思ひだす
霧の中に浮かび来る
懐かしの道 山の小経よ~
蓮華躑躅は早満開!
野んちゃん元気に飛び回り
ご機嫌麗し 野ん子ちゃん♪
早々に 高原だより有難うございます。

投稿: 風のむろさん  | 2018年6月18日 (月) 06時31分

こんばんは、風のむろさん。
この高原に行くたびに思い出す事があります。
もうかなり前になります、何年? たしかコバイケイソウがきれいに咲いていた頃だったか。
初めて風のむろさんにお会いした所でした。

掲示板やブログでお名前は知っていても顔は解らず。 霧の草原で一緒にレンゲツツジ・ノビタキを撮り、その後この花の登山道でコバイケイソウ・ノビタキを取り、そこで初めて風のむろさんだと紹介されたのです(笑)

今となっては懐かしい思い出。
コバイケイソウも今年は期待できるかも、そしてニッコウキスゲ、ヤナギランと、花とノビタキが続きます。
梅雨が明けた頃、また行きたいところです。

投稿: ワタスゲ | 2018年6月18日 (月) 23時45分

おはようございます。
先ずはワールドカップ 日本勝利!おめでとうございます。
サッカーをあまり見ていなくても熱く燃えますね。ワタスゲ監督の雄叫びが聞こえます(笑)
数的有利も実力のうち、大迫の頭ひとつ抜け出したヘディングが素晴らしかったですね。

レンゲツツジのノビタキ、歩き回った甲斐あり、いい色調で、様々なシーンをゲット、こちらも満足でしょう。
私は霧の高原は年々遠くなってしまいました。
ワタスゲさんは東に西にとまだまだ体力も気力も充実!これって意欲の問題でしょうか。

投稿: 散歩鳥 | 2018年6月20日 (水) 12時21分

こんばんは、散歩鳥さん。
コロンビア戦、私の予想でも2-1日本勝利でした。しかも2点目はヘディング!。ここまではずばり予想的中。ただ予想の中で得点したのははDFの吉田でしたが。
影の監督としては、次の試合はボランチ長谷部に変えて山口、キーパー川島に変えて東口です。試合は1-0、日本決勝トーナメント進出決定!です!。

レンゲツツジは毎年撮りたい風景ですが、いつかまたコバイケイソウのノビタキを撮りたいです。コバイケイソウは6年周期なので。
重い腰を上げて大自然の中のマイナスイオンを浴びに行きましょう!。


投稿: ワタスゲ | 2018年6月20日 (水) 23時36分

梅雨の季節になるとレンゲツツジにノビタキですね。
私も数年前に行ったきり、なかなか遠出は出来ません。行ってみたいな赤い山。
ノビタキのびのび子育て、そして赤に黒、日本画を見ている様な画像です。

投稿: m-hosono | 2018年6月23日 (土) 19時28分

こんばんは、m-hosonoさん。
レンゲツツジは今年は早めでしたが先日満開だとか。
それに今年はコバイケイソウがかなり咲いていました。コバイケイソウは6年毎に盛りになるので、もしかしたら来年は見頃かもしれません。
コバイケイソウにノビタキ、落ち着いた色合いで好きです。
一度行ってみましょう!

投稿: | 2018年6月24日 (日) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555320/66842048

この記事へのトラックバック一覧です: 『レンゲツツジの中で』:

« 『ブサカワ オヤジ顔』 | トップページ | 『コルリの子育て』 »