« 『Merry Christmas 』 | トップページ | 『元旦』 »

『彩の国のトモエガモ』

地元の池にオナガガモやヒドリガモの群れに混じってトモエガもが1羽やって来ました。

群れの中では全く違和感無しと思っているのか、一緒に池を自由に動きまわり3m程の近さにまでやって来ます。

でも撮影出来る場所は陽の当たり具合から限られているため厳しい条件が付きます。順光の条件に合う場所が意外とありません。

Img_0221zcweb1

Img_0273zweb2

Img_0156web3

Img_0001zweb4

Img_0084web5

Img_0163web6

上の画像の所がトモエガモのお立ち台。水面直下に隠れた岩があるのです。 雑食性なので水草は勿論、丘に上がるとドングリも大好物。 水陸両用で食事にありついていました。

Img_9630web8_2

Img_9633web9_2


名前の由来となっている顔の緑色の巴の印はなかなか形をなしてくれません。下を向いた時にやっとそれらしき丸い形になり、巴の紋所が解りました(^^)

Img_0420zxweb11

Img_0415web12

お腹いっぱいになると群れから一人外れてゆらゆら うとうと・・・やはり仲間が恋しいのか少し寂しそう。
ここで年を越す様です。

Img_9932web13

                         □□□



そして年末特別編。 もうひとつの話題 『恐るべし 陸王!』

彩の国で今一番有名な町と言えば『行田市』 行田市と言えば100年の暖簾を持つ足袋の老舗『こはぜ屋』 こはぜ屋と言えば『陸王』! 陸王と言えば『十万石饅頭!』

あの池井戸潤 原作のTVドラマ 『陸王』の話です。
こはぜ屋の社長(役所広司)は細る足袋に代わる新規事業にマラソン足袋シューズを作ることを決意。 新素材シルクレイの特許を持つ飯山(寺尾聡)を訪ねる。 その時に手土産に持参したのが埼玉の銘菓「十万石饅頭」なのです。

しかしライバルメーカーの手土産は契約金5000万円と三段重ねのお重。
飯山が言う 「こはぜ屋はこんな饅頭なんぞもって来やがって」
(そのシーンにだけ十万石饅頭が登場するのですが・・・しかも邪見にされたのに)


年末、和菓子屋『十万石』から『十万石饅頭・陸王バージョン』が限定発売!。 それは何の変哲もない、通常の十万石饅頭に陸王の焼き印が押されているだけなのですが・・・
さっそく買いに行きました。 包装紙もちょっとレトロでいい雰囲気 (普通は棟方志功の版画絵パッケージ)

Img_0763web

Dsc_0008web

特別リクエストで、普通は5個のうち2個だけが『陸王』焼き印なのですが、今回はお店に無理を言って全てを陸王印にしてもらいました。
そして後日、追加を買おうとお店に行くと大変な事が起きていました。 陸王は生産が追い付かず3日前の予約でしか受け付けられないとの事。 しかも品切れ続出で『陸王バージョン饅頭』はおろか普通の「十万石饅頭」も店頭から消えていました。 お店では年末の商戦期に売る饅頭が無いとか。

TVではたった数十秒の登場。 パッケージと焼き印で、お店も驚く驚異の注文数に、饅頭の無い饅頭屋さんが出現。 恐るべし『陸王!』でした。 

陸王は友人宅での集まりに持参。話題性十分、超々うけました!。
お後がよろしい様で・・・

 

 

|

« 『Merry Christmas 』 | トップページ | 『元旦』 »

コメント

こんばんは、ワタスゲさん。
トモエガモ、私も見ました。
以前、見た時にはあまりに遠くて 肝心の模様が??でしたが、今回は直ぐ近くでよく見られました(^^)。
小柄でのんびり・・可愛いカモさんでした。
下から2枚目の、目を閉じた表情がとても好きです。
巴模様、でんでん太鼓のようで可愛い!!。。

今日、私も十万石饅頭を帰省土産に買って来ました。
勿論『陸王』なんて印はございませんです(笑)。

店員さんが言いました。
只今、陸王印の予約は受けておりません。
朝一番でお越し下さいませ(何個かは入りますので)。
はぁ~・・

今年も素晴らしい画像を見せて戴き 有難うございました。
来年はどんな鳥さんとの出遭いがあるでしょうか。
楽しみです。
どうぞ佳いお年をお迎え下さい。


投稿: はな☆はな | 2017年12月30日 (土) 19時31分

今晩は、はな☆はなさん。
水鳥撮影は久しぶりでした。前日の北風が強く吹いた影響で落ち葉が池にたまり、シンプル派としましては苦戦しました。
水鳥は水面の綺麗な晴れた日が欲しいのですが、そうすると陰影が出来てコントラストが強くなり、撮影は難しいです。

十万石、今日は他の和菓子を買いに行ってみました。私の方のお店では「陸王」は3日前からの予約販売だけになっていました。しかも詰め替え希望は出来ませんと書いてあります。初めの頃は融通が利きました(^^;)
お店の方でもコラボしてもまさかこんなに売れるとは予想外だったのでしょう、さすが陸の王者!。

私は珍鳥派では無いので毎年同じ鳥が出てきますが、一期一会です。来年もよろしくお願いいたします。


投稿: ワタスゲ | 2017年12月31日 (日) 01時19分

今年も十分に楽しませてもらいました。ありがとうございました。
最後か水鳥で終わるとは珍しいですね。モトエガモ、私も初見でした。今回は神奈川のトモエガモに行って来ました。

陸王饅頭、インスタネタ映えします!!!。
陸王の見逃しやすいシーンを良く覚えていましたね。それにコラボ商品が発売されていると言う情報を得て早々と手に入れたとは、さすがです。

後れ馳せながら私も十万石のお店をネットで探してみます。

投稿: 散歩鳥 | 2017年12月31日 (日) 16時30分

トモエガモさん
綺麗ですね~

「旨い!旨すぎる」の十万石饅頭から
陸王バージョンとは彩の国からの手土産に最高ですね(笑)

今年1年間も
ステキな出会いをご披露いただきありがとうございましたm(^^)m

来年も
ワタスゲさんの出会いを
楽しみにさせて下さいね~

私は
どうしてもシマエナガさんに会いたくて
札幌で年越しです
よいお年をお迎え下さい(*^^*)

投稿: ひまわり | 2017年12月31日 (日) 18時25分

今晩は、散歩鳥さん。
十万石饅頭を知らないと埼玉人にあらず!です。
更に言えば+サツマイモを餡にした川越の銘菓『紋蔵庵の つばさかりん』を知れば、栄えある『彩の国名誉県民』です。

『陸王』は確か今月末ぐらいまでは製造しているとか、私の近くのお店では3日前の予約だとか。
今が旬です。

投稿: ワタスゲ | 2017年12月31日 (日) 22時33分

今晩は、ひまわりさん。
そう「旨い!、旨すぎる」と言えば十万石の合言葉と言うのが彩の国人の共通言語ですよね。
今日、都内の親戚に「陸王」をおすそ分けしたら大受けしました!。

でも実は我が家は「ひっそり人知れず、北の国をこよなく愛する会」埼玉支部長です(^^)
ひまわりさんの北へのフライトはエア・ドゥで行ったのでしょうね。これは北の国への決まりで他の飛行機では上陸を拒否されますよ。
ビールはサッポロ、チーズは雪印、ウイスキーはニッカ、ソーセージはレイモンさん、お土産は六花亭、おやつは北菓楼、お米はユメピリカ、チョコレートはロイズ、ラーメンは五丈原、ジンギスカンはだるま、映画は「探偵はバーにいる」等を最優先するのが「隠れ北の国をこよなく愛する会」の決まりです(話が怪しい方向にそれました)

シマエナガ、私も会いたい!!!。 いいなぁ、北の年越し鳥見。。。
来年もよろしくお願いいたします。

投稿: | 2017年12月31日 (日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555320/66217361

この記事へのトラックバック一覧です: 『彩の国のトモエガモ』:

« 『Merry Christmas 』 | トップページ | 『元旦』 »