« 『孤独のグルメ』 | トップページ | 『手前ミソですが・・・』 »

『川中島の戦い』

あれ、もしかしたらタイトルを「川中島の戦い」と読みました?
いえいえ、信玄も謙信も出てきません。 これは『川の中の島の戦い』と読むのですから。  長編です、お覚悟を。

朝日が河原に差し込む頃、ブラインドの中でヤマセミを待ちました。 それでも川までの距離はかなりあります。
日差しは強く良い条件とは言えませんが久しぶりのヤマセミ撮影です。
間もなく白い影が低空飛行でやって来て対岸でひと休み。 雌です。

Img_5133zwzweb1

Img_5263zaweb2

Img_4976zweb3



川中島に止まりました。小さな岩もどきの島です。

Img_5591zaweb5

Img_5633zaweb6

Img_5435zweb7

その後、ヤマセミは何度か川を通り過ぎましたが雄と雌の遭遇はありませんでした。
陽も高く昇り陽炎が揺らいで撮影が難しくなったと思う頃、幕が切って落とされました。

雄のヤマセミは丸々と太ったドジョウをくわえて飛んで来ました。 ここからは川中島でのヤマセミ対ドジョウの戦いの実況中継です。

Img_5929zweb81

Img_5923web9

Img_5855web10

Img_5860zweb11

例によってくちばしを激しく岩に叩き付けてドジョウの骨を粉砕します。 戦いは圧倒的にヤマセミ有利、のはずでした。
しかしドジョウも必死、防御の技を繰り出して抵抗を見せます。 体を丸くしてくちばしに絡めて衝撃を避けるのです。
これではくちばしを振り降ろしてもドジョウの体に致命傷を与えることは出来ません。

Img_5862web12

Img_5821web13

Img_5782web14

Img_5819web15

Img_5788zweb16

Img_5802web17_2

魚なら数撃叩き付ける事で粉骨の技勝利!となるのですが今回はだいぶ勝手が違います。 ならば、とヤマセミは次の豪快な技を繰り出します。 「脳天逆落とし!」 頭上高く頂点まで持ち上げると一気に岩に振り落とします。

Img_5783zaweb18

Img_5782zaweb14

Img_5864zaweb19

Img_5794web20

Img_5878web21

くわえられているハンデがありながら柔と剛の戦いは異常に長く続きました。 意外なな展開です。 圧倒的攻撃力のヤマセミ、それでもダメならばと今度は持久戦に持ち込みました。 長期戦になるとさすがのドジョウもぐったり。

Img_5883web22

Img_5875web23_2

勝利を収めたのですが直ぐには食べません。 どうやら彼女への貢ぎ物の様です。 カチドキを上げるとそのまま飛び去って視界から消えて行きました。
これがこの日のフィナーレでした。。。

Img_5925hweb24




【画像はクリックすると大きくなります】

|

« 『孤独のグルメ』 | トップページ | 『手前ミソですが・・・』 »

コメント

ワタスゲさん おはようございます!

やあやあやあ!
遠からん者は音にも聴け 近くば寄って目にも見よ!
静寂な川中島 闇を裂き突如起こる剣戟の響き!
長編戦国絵巻♪ 読み応え見応え有りました

投稿: 風のむろさん  | 2017年4月14日 (金) 06時20分

ワタスゲさん こんにちは。
鹿の子模様が美しい。
超間近でヤマセミに遇ったのは 数年前のカービング展(^^)。
動くヤマセミさんには もう暫く遇っていません。
ドジョウとの悪戦苦闘、色々な技を繰り出しての実況中継 お見事です。
ワタスゲさんも さぞ心が騒いだ事でしょう(^^)。
ヤマセミがドジョウを捕った場面なんて見た事がありません。
ドジョウをプレゼントされた雌の反応はどうだったのでしょうね・・ちょっと気になりました(^^)。

投稿: はな☆はな | 2017年4月14日 (金) 12時08分

今晩は、風のむろさん。
今回は長編の中でも特別長編絵巻物、お読み下さりありがとうございました。
ドジョウとヤマセミの川中島の戦いは初めて見ました。
史実に忠実にと思い再現すると長くなった次第です。

攻防は技を出し合い、勝負は見えていても決着はつきません。ドジョウ魂をしっかりと見せてもらいました。
気が付けば思わずドジョウのひねり技に力が入り、応援していた次第です。

この貢ぎ物でヤマセミは無事カップリングできたでしょうか。1ヶ月後を楽しみにしている所です。

投稿: ワタスゲ | 2017年4月14日 (金) 22時15分

今晩は、はな☆はな さん。
ヤマセミの鹿の子模様、何処かで良く目にすると思ったら東京オリンピックのエンブレムにも似ていますよね。

ドジョウの貢ぎ物ですが微妙ですねぇ。彼女は何と言ったでしょうか。
『普通、この時期なら鮎でしょう。この私にドジョウとは、その程度の思い?。あんたも肝が据わっているわねぇ、せめてウナギにしなさいよ。出直して来なさーい!!』と言われたとか。
男はつらいよ。

私もドジョウをくわえて来たヤマセミは初めて見ました。更にドジョウのくちばし巻きつきの技も。 壮絶な戦いでした。
この後ヤマセミ君は果たして口直しに鮎をもって行く事が出来たのでしょうか。

投稿: ワタスゲ | 2017年4月14日 (金) 22時24分

おはようございます。
実録 川中島の戦い。ドジョウとは、こんなこともあるのですね初めて見ました。目の前の舞台で繰り広げられる戦国絵巻は圧巻。
きっとファインダーを覗きながらわくわくしてシャッターを切っていたのではないでしょうか。心情が画像に表れています。

飛び込んで魚ではなくドジョウをゲットしてしまった時、ヤマセミ君はやった!と思ったのか、しまった!と思ったのか、こちらは別な意味で心情が見え隠れしています。
勝手に続編を期待しています。

投稿: m-hosono | 2017年4月15日 (土) 10時26分

今晩は、m-hosonoさん。
あの川中島は直前までカワセミが止まっていました。撮っていると後ろに白い影、ヤマセミが来てカワセミを追い出して国盗りに成功。

ここでドジョウと最後の勝負をしたかったのでしょうね。簡単に勝負あり!と思えたのですが、戦いはなかなか勝負がつかず長期戦となったのです。

初めの枝止まりは雌、島に来たのは雄ですが、残念ながら2羽の遭遇はありませんでした。 ドジョウ献上の成果ははたしてどうなったか、雛が孵った頃また行ってみたいと思っています。

投稿: ワタスゲ | 2017年4月16日 (日) 00時03分

こんにちは。
歴史に残る川中島の戦い。臨場感ある実況中継をありがとうございました。名場面に名調子、戦国絵巻の講談を聞いているように流れて行きます。

求愛給餌、婚活の季節。貢ぎ物は誠意ですから彼女が鮎しか食べていないと、珍味のトショウは美味しく食べてくれるかも知れません。

私はヤマセミはあの橋のふもと以来見ていません。難しい鳥になってしまいました。恋はハッピーエンドの結末を期待しています。

投稿: 散歩鳥 | 2017年4月17日 (月) 12時34分

今晩は、散歩鳥さん。
ドジョウとの格闘は面白い展開になり、途中でくちばしに巻きついたドジョウを打ち付けても弱らせることが出来ず、困ったようなしぐさがおかしかったので、ついつい長編絵巻物になりました。

求愛給餌はもともと抱卵に向けての栄養補給の一環ですから、栄養価の高いドジョウでもいいのでないでしょうか。
恋の結末を見届けたいと思います。

毎年近くの橋の下のヤマセミを見に行った事はもう一昔前の良い時代の出来事になってしまいましたね。

投稿: ワタスゲ | 2017年4月17日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555320/65147062

この記事へのトラックバック一覧です: 『川中島の戦い』:

« 『孤独のグルメ』 | トップページ | 『手前ミソですが・・・』 »