« 『もう一つの黄色い冠羽』 | トップページ | 『菜の花コミミ』 »

『フクロウ カービング』

バードカービングのフクロウが完成しました。
制作期間は1年。(実動期間2ヶ月ほど) 全長22cm 材料 南洋材 ジェルトン。

彫りも今までの中でも高い難度でしたが、今回は彩色が難題でした。
毎年、庭の様な近くの公園で営巣しているフクロウを撮っているのに、普段の観察力がいかに曖昧だった事か、羽はそれぞれの役割分担に応じて模様が微妙に違っているのです。

更に技法的には、あの江戸中期の天才絵師 伊藤若冲が得意とした日本画の技法「たらしこみ」を使うとか。
(たらしこみ:水やゆるく溶いた絵具をぬり、水分が乾かないうちに、他の絵具を重ねて自然なにじみを表現する技)

それが出来たら若冲になってしまうので、一見、似ても非なる「たらしこみ風」で落とし込みました(^^)。
まぁ、お好み焼きで言えば、関東のもんじゃ焼きしか知らない人が作る「広島風お好み焼き」とでも言う事でしょうか。

Img_4466zaweb
Img_4472web2_2

Img_4463web3

Img_4474web4_2

Img_4473web5

そして 今年も
『第22回 北本バードカービング展 2017』が開催されます。

主催:「彩鳥会」 「彩の国バードカービング倶楽部」
後援:埼玉県自然学習センター

期間:3月12日(日)~26日(日) 2週間
    13日(月)は休館日  12日は12時~  26日は2時まで
 
会場:埼玉県北本市 北本自然観察公園内 埼玉県自然学習センター
住所:埼玉県北本市荒井 5-200
☏ :048-593-2891

会員とカービングの第一人者で講師の 成川 治 氏の特別作品も含め60点余りの小鳥、猛禽、鴨類などのカービングと野鳥写真20点うを展示します。

2017csa4jpge
間もなく咲き始める園内の銘木 エドヒガンザクラを見ながらお立ち寄りください。もしかしたらまだ近くの河川敷で菜の花コミミが撮れるかもしれません。






【画像はクリックすると大きくなります】

|

« 『もう一つの黄色い冠羽』 | トップページ | 『菜の花コミミ』 »

コメント

ワタスゲさん おはようございます!
不朽の名作 梟さん♪
素晴らしい出来栄え!
作品展ご招待有難うございます。
期間中にお邪魔できたらと思っています。

北本には以前鳥観鳥撮によくお邪魔しました。
紅猿子 黄連雀 花鶏 八条鶫 蟻吸 山鷸 深山頬白 頭高などなど。そろそろ入内雀さんの観桜会!楽しみにしています。

投稿: 風のむろさん  | 2017年3月 8日 (水) 08時36分

今晩は、風のむろさん。
今年もバードカービングの季節が巡ってきました。
「♪鳥見ばっかりしていると、今に尾羽が生えてくる!」で、なかなかはかどりませんでした。
10月から毎晩の様に深夜残業の日々、休日は鳥見と使い分けをしてどうにかアップしました。

そう、この時期、中日の頃なら川島の菜の花コミミ、最終日辺りなら鴻巣のニュウナイスズメの季節、遠方ですから無理をなさらずに鳥見ついでに来て下さい。
きなこワンさんのカービングはカイツブリ、なかなかの優れものです。それに野鳥写真もありますから。

投稿: ワタスゲ | 2017年3月 9日 (木) 01時35分

おはようございます。
春と言えばバードカービング展ですね。
フクロウカービング、初めて見ました。精緻にして可愛く、一年がかりの大作は素晴らしいの一言です。
不苦労、私の家の守り神に欲しいくらいです。

カービング展で実物に御目にかかるのを楽しみにしています。

投稿: 散歩鳥 | 2017年3月 9日 (木) 07時30分

今晩は、散歩鳥さん。
実は一応完成なのですが、まだ微妙に納得していない所もあり、搬入前日の11日まで修正を夜な夜なする事になりそうです。

フクロウ類はアオバズクに続いて2羽目ですが、何度やっても難しさは変わりません。最後は表情でしょうか、愁いを持った表情が欲しいです。

見に来ていただけたら幸いです。

投稿: ワタスゲ | 2017年3月 9日 (木) 20時46分

ワタスゲさん こんばんは☆
完成されたのですね!お疲れさまでしたm(^^)m
本当に素晴らしいフクロウさんです♪
一彫り一彫りフクロウさんと向き合ったお時間は宝物ですね(^^)
羽の模様が部類でこんなに違うとは初めて知りましたよ~
間違いなく実物に会いに行きます(^^)v

投稿: ひまわり | 2017年3月10日 (金) 00時10分

ワタスゲさん こんばんは。
カービングの製作、諸々の準備・・
大変だったでしょうね、お疲れ様でした。
今年はフクロウですか。
羽の微妙な色合い、緻密さに、いつも目が釘付け。
よ~く 見て来ます(^^)。
それから、展示されている野鳥の写真も素晴らしいくて 毎回、とても楽しみです。


投稿: はな☆はな | 2017年3月10日 (金) 21時31分

今晩は、ひまわりさん。
カービングはいつものようにスタートの初夏は鳥撮りで油断、気が付けば残りの月日が少なくなり、秋口から彫りの追い込み、冬の夜は毎日夜なべ仕事で塗り、の繰り返しでした。全く懲りない人です。

羽は枚数が正確でないとパターンと合いません。「羽の図鑑」や撮った写真、師匠の助言で模様と色が決まりました。「一見たらしこみ風」何度塗り直したことか(^^)、そしてどうにか危ぶまれたフクロウも完成を迎えたのです。
と、言っても今夜も追加塗りを入れましたが!

そんなフクロウ、見てやってください。


投稿: ワタスゲ | 2017年3月11日 (土) 01時05分

今晩は、はな☆はな さん。
カービングと別に、案内状、ポスターのデザイン、印刷。新聞社への広報依頼、会場の展示名札作り、など、本体以外の雑用係としての仕事が多く、目まぐるしい忙しさでした。

そう、前回から野鳥写真のうち5枚、私の撮影したものを展示しています、こちらも見てください。今年の画像は
1.翡翠の水面飛び出し 2.お弁当もってピクニックのコミミ 3.白神山地のアカショウビン 4.伊那の赤そばノビタキ 5.男体山を背景に飛ぶハイイロチュウヒ です。
中でも明るいうちに飛んだハイイロチュウヒ、ちょっと良い感じですよ!。

投稿: ワタスゲ | 2017年3月11日 (土) 01時18分

ワタスゲさんおはようございます。
フクロウカービングの画像を楽しみに待っていました。素晴らしい出来映。カービング展は見に行きたいのですが岐阜の山の中在住なので残念です。

出来ましたらもっと頻繁にカービングの途中経過を載せてください。私のアカゲラ、通信指導のお陰でもうすぐ完成?かな。また画像を送りますのでご指導下さい。

投稿: ichii | 2017年3月11日 (土) 10時00分

今晩は、ichiiさん。
どうにか完成にする事にしました。触るとまた塗りを再開したくなるのを抑えて。
カービングは彫りも大事ですが、彫りが完成すると出来たと勘違いして気を抜いてしまいます。ところが魅せるには塗りが大切なんですよね。 そんな事でなかなか手離れしないフクロウです。

アカゲラ、その後はどうですか、アカゲラの足は出来ましたか? 脚は独特ですから塗りと共に頑張ってください。フクロウと同じくV字形の前後に2本づつです。
いつかのためのフクロウ、資料を揃えておきますから。

投稿: ワタスゲ | 2017年3月11日 (土) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555320/64985006

この記事へのトラックバック一覧です: 『フクロウ カービング』:

« 『もう一つの黄色い冠羽』 | トップページ | 『菜の花コミミ』 »