« 『ヤツガシラ いずこ』 | トップページ | 『古都の お食事処』 »

『武蔵國一之宮 神社の巫女さん』

地元。武蔵國一之宮の神社。
一之宮を名乗るのはその國一番の格式の高い神社。 そこにお住まいの白衣装の巫女さんをこっそり写してきました。 これは「盗撮」と言うのでしょうか。

巫女さんは用心深く、気配を感じると直ぐに奥座敷に隠れてしまって なかなか外には出てきてくれません。
警戒心の強い巫女さん、と言っても何故か♂ですが。

カイツブリの池と呼んでいた池に「巫女秋沙」が初めてやって来ました。 雄雌1羽づつのペアです。 日差しの加減で刻々と水面の色が変わって行きます。

Img_0366web

Img_0182zaweb

Img_1780zweb

Img_1709zzweb_2

Img_1711web_2

雑食性ですが主に食べるのは魚や貝類、ここでは「タウナギ」を好んで食べていました。  ちなみにタウナギは名前だけウナギに似ているだけの程遠い全く別の種類、残念ながらウナギの代用にはなりません。

1j9a2360web

もともとこの池には葦はありませんでした。試験的に葦原を作ってみると、その勢いは凄く、たちまち池を埋め尽くすほどに成長しました。 今回はかなり刈込をして残したのは池の中央にある葦原のみ。

適度な葦の茂みとなり、餌を捕るにも身を隠すにもいい環境になった様です。 葦が無くても多くても来ないで、快適な葦原を作ると直ぐに来るなんて、毎年近くまで来ては何処かで見ていたのでしょうか。

Img_0172web

Img_0170zweb

Img_0271zaweb10

Img_0272zaweb11

雌が飛び立ちました。

1j9a2854zweb

1j9a2860web

ミコアイサは水鳥の中でも体が小さいので(♂38cm~42cm、♀18cm)短い滑空で飛び立つ事が出来ます。 雄雌のランデブー飛行も。

Img_3488zbweb

Img_3500web

Img_3501zweb

飛び立っても葦原を超えて池の反対側に着水。

Img_0235web

三寒四温、今日は染井吉野が開花したそうです。
もう間もなくシベリアに向けて飛び立つ事でしょう。。。




【画像はクリックすると大きくなります】

|

« 『ヤツガシラ いずこ』 | トップページ | 『古都の お食事処』 »

コメント

おはようございます。
武蔵國のミコさん一座、一宮に居を構えると言うだけあって、どこか威厳に満ちたお姿。

刻々と変わる水の色、濃い緑の水が画面に深みを出してきれい。
こちらに向かって来る巫女さん(雌)はこう思っていても撮れません、迫力満点です。
ペアのランデブーも、いいタイミングにいい激写、
いいもの見させてもらいました!。

投稿: 散歩鳥 | 2017年3月23日 (木) 10時15分

ワタスゲさん こんばんは♪
ヤツガシラさんに続きミコさんも両手を広げていますね~これは神ってる!と思ってしまいます
ミコ君は紳士的にエスコートしていて微笑ましい(^^)
ミコさんは2羽いましたか?私も2度行きまして男女ペアのみでした キンクロハジロさん達もいましたね
庭園でザリガニを咥えるカワセミ君をパチリ!

諦めきれずにヤツガシラさんへ・・撃沈(>_<)
雪道をぬけてのヒレンジャクさんも撃沈(^^:)偶然ヤマドリさんを目撃!!ニュウナイさん コミミさんは姿を見せてくれた週末でした(^^)

投稿: ひまわり | 2017年3月23日 (木) 18時42分

ワタスゲさん こんばんは!

神に仕える 白無垢神子秋沙さん!
お嬢さんは茶髪で現代っ子♪
氷川神社で 間もなく観桜会!
相模國一宮は寒川神社。

投稿: 風のむろさん  | 2017年3月23日 (木) 20時03分

今晩は、散歩鳥さん。
ここは毎年初詣に行く神社。長い参道が厳かでパワースポットとしても知られています。
また参道はかってアオバズクが営巣したりも。

本物の巫女さんからおみくじを買うのですが、私は何故か毎年末吉ばかり(数年前までは独自のおみくじランクでしたが)待ち鳥来たらず ?。

白装束の静の巫女さんと動の飛び出し巫女さんが撮れると絵になりますよね。それでやっと物語が完成しました。
さて、いつまで居てくれるでしょうか。

投稿: ワタスゲ | 2017年3月23日 (木) 23時51分

ワタスゲさん こんばんは
ナイスな題名ですね~(^^)
今年は近場に来てくれたミコさんカップル。
嬉しくて何度も通いました。
近くで遇えた為、判った事がありました。
あのパンダ模様の中に隠されている目、大きくてとてもキュウト。ますます好きになりました。
静と動 色々な場面で楽しませてくれます。
水面の色の違いでもミコさんの雰囲気が変わりますね。
どの画像も素敵ですが 最後の水面の色が何とも言えない深い美しさで 好きです。
来年も遇えると思うな、撮れる時に撮る!・・今日も遇いに行って来ました(^^)。

投稿: はな☆はな | 2017年3月23日 (木) 23時58分

今晩は、ひまわりさん。
「訂正いたします。記憶をたどり確認した所、ミコアイサはペアでした」 私の記憶違いで記事も訂正いたしました。(え~私の記憶に基づいた内容でしたので偽証罪にはならないと思いますが)

私も二度盗撮しましたが風の無い静かな瞬間が少なくて苦労しました。ここは近くで撮れるのでまた来年も期待ですね。
日本庭園ではキクイタダキを待ったのですが見ただけで見事に振られました。 ニュウナイさんは染井吉野の咲いたころチャレンジです。 レンジャクがまたマイ公園に1羽だけ偵察に来たとか、今年はどうなのでしょうか?。
狭間も面白い彩の国です。

投稿: ワタスゲ | 2017年3月24日 (金) 00時22分

今晩は、風のむろさん。
先日は遠路はるばるバードカービング展にお越しいただきありがとうございました。 カービングの鳥達も、北本のベニマシコも鴻巣のニュウナイスズメも接待が出来て良かったと申しております。

さすが一之宮神社、相模圀一之宮 寒川神社は氷川神社と良く似ていますよね。かってトラフズクを撮りに行った時にお参りに寄りました。長く続く参道の桜も間もなく開花宣言ではないでしょうか。

投稿: ワタスゲ | 2017年3月24日 (金) 00時31分

今晩は、はな☆はなさん。
彩の国や近県のミコアイサを撮りに何か所も行きましたが、今年は家からも岸からも近くて願ったりかなったりです。

えぇぇ、今日も行ったのですか! 一体全体何度通ったのでしょう。 さすが、それだけ通うと見えてくるのですね、あの小さいと思っていたパンダ目が実は大きいという事が。
知りませんでした。

飛びものが撮れてやっと物語が完結しました ホッです。
最近は飛び立つ事が多いとか、きっと長旅に備えて柔軟体操をしているのかもしれませんね。来年は家族で来てくれる事を願っています。

投稿: ワタスゲ | 2017年3月24日 (金) 00時42分

おはようございます。
武蔵國一宮の氷川神社は伺った事があります。一の鳥居から長く続くけや木並木の参道がいいですね。確か帰りに酒饅頭を食べました。

そこの巫女さんですか。ミコアイサは巫女秋沙や神子秋沙とも書きますから何か神々しくも見え、ご利益がありそうなベアですね。きれいな湖面から、飛びものまで撮ったらもう卒業でしょう。

もし桜の時期まで居てくれたら花筏の中を進むミコアイサが撮れるかも?。いつまで居てくれるのでしょうか。

投稿: m-hosono | 2017年3月24日 (金) 10時57分

今晩はm-hosonoさん。カービング展にお越しいただきありがとうございました。

巫女さん、昨日はまだお住まいになっていたので、もう少し滞在してくれたなら桜色に染まる白無垢姿が見えるかもしれません?。

この池には何度か通いましたが催し物がある日は退散です。駐車場は満車で遠くの駐車場に止めたら、帰りに駐車場を抜けるまで1時間以上かかる悲惨を味わいましたから。そんな日はお祓いを受けてから行くべきなのでしょうか。

ほんのり桜色の巫女さん、撮りたいですね。

投稿: ワタスゲ | 2017年3月25日 (土) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555320/65049500

この記事へのトラックバック一覧です: 『武蔵國一之宮 神社の巫女さん』:

« 『ヤツガシラ いずこ』 | トップページ | 『古都の お食事処』 »