« 『夜な夜な集う怪鳥』 | トップページ | 『野焼きの後に』 »

『再び コミミへ』

ここ数日、街中ではそれほどの風と思えなくても、葦原の土手ではかなりの強い風が吹き荒れていました。 到着しても葦は波打ち、そのまま帰路についたことも。

そしてやっと穏やかな休日を迎えた時、
♪行かなくちゃ 行かなくちゃ 君に会いに行かなくちゃ!
再び、みたびのコミミ通いが続くのです。

ちょっと「小耳に挟んだ話」ですが、今年コミミが大きな群で何年か振りに遊水池にやって来てくれたのは、『酉年だから日本に行かなくちゃ!』と仲間をひき連れて来てくれたからだとか。

今回はいつもよりかなり上流のコミミを探しに行きました。ここが今回のコミミが訪れた遊水池の北限らしいのです。
一時間程待つと、葦原の中の木に止まっていたコミミが飛び始めました。ファーストシーンは土手の若草をバックです。

Img_5098web1_2

Img_5646web2

Img_9487web3

Img_9706zweb4

更に奥に向かうと川岸に形のいい大きな天然の枯れ木が立っていました。 格好の止まり木です。 双眼鏡で確認すると糞も付いています、と言う事は間もなくやって来るはず。 ここで待つ事にしました。

ここからはノンストップ画像です。

Img_9476web7

Img_9472zweb8

Img_9484web10

Img_9485web11

Img_9486web12

Img_9495web14

Img_9496web15

Img_9513web9_2

空へ。

Img_9379wwweb_3

Img_9385web17

Img_9382web18

Img_9372zweba19


セピア色の夕陽を浴びて、遠く、田園の上を飛びます。
葦原でも黄昏は輝きを増していきました。

Img_9340web21

Img_9576web23

Img_9329web24

Img_9586zzweb

Img_9590web26

Img_9591web27


コミミは 愛嬌のある顔といい、クリクリの黄色い瞳、三頭身の体、その体に似合わない大きな翼と忍者の様に忍び寄る滑空と、大好きです!。

【画像はクリックすると 大きくなります】

|

« 『夜な夜な集う怪鳥』 | トップページ | 『野焼きの後に』 »

コメント

ワタスゲさん おはようございます。
前回に続き 背景を変えて其々の場面を楽しませてくれましたね。
カメラ目線もバッチリ!
絵になる止まりものです。
ストライプの畑の上を飛ぶコミミ とても臨場感があって
コミミと一緒に飛んでいるような気分になります。
今年は酉年・・コミミも気を遣って 此処に来てくれたんですね・・納得(^^)

投稿: はな☆はな | 2017年2月 6日 (月) 07時58分

今晩は、はな☆はなさん。
今回は上流のコミミに会いにかなり奥まで行ってみました。すると川岸にコミミにふさわしい天然の大きな枯木を見つけたのです。こここそコミミが止まる所ふさわしいと思い、ひたすら待つ事にしました。

どうやらここは2羽のコミミの縄張り境界線だったみたいです。反対側でも別のコミミ見る事が出来ました。するとそのコミミは土手を超え、田園の上を飛んでくれたのです。ちょっと畦の直線が歪んで面白いストライプとなり、私も気に入った一枚となりました。

そう、酉年の件、コミミが話していたのをチラっと小耳に挟んだものですから。
お後がよろしいようで。。。

投稿: ワタスゲ | 2017年2月 6日 (月) 23時07分

ワタスゲさん おはようございます!

人混み避けて北の果て…
麦畑見廻り 小耳木莬さん 秀逸♪
風嫌い 夕暮れ大好き 小耳木莬さん
風が止んだら 菜の花見物!
行ってみたいな 遊水池!

投稿: 風のむろさん  | 2017年2月 7日 (火) 06時52分

堂々とした枯れ木、猛禽の止まり木にはこんな太い木が似合いますね。
普段は可愛いのに止まって辺りを見回す時は王者の威厳を感じます。

背景派の本領発揮、夕陽の枯れ野で獲物に突っ込む瞬間や、緑の島々畑も、遠く青い木々や山を背景に飛ぶものも、さりげなく極上なのがいいです。

きっとワタスゲさんは部屋でカービングとコミミの写真に囲まれて癒されているのでしょうね。

投稿: 散歩鳥 | 2017年2月 7日 (火) 11時58分

今晩は、風のむろさん。
昨日は代休だったので他の所のコミミの下見に行ってみたのですが、やはり強風となり開演時間前に早々と引きあげてきました。
コミミはやはり風は嫌いで夕日は大好き!ですね。

あれは麦畑でしたか、丁度土手の上からは俯瞰するかの様でコミミは目線でした!。

菜の花はまだチラホラ。今月末ぐらいが花盛りになるのではないでしょうか。ぜひ菜の花コミミにお出かけください。下見しておきます。菜の花ハイチュウも見られたらそれこそ一石二鳥!。

投稿: | 2017年2月 7日 (火) 22時14分

今晩は、散歩鳥さん。
『紺屋の白袴!』。染屋はもうほとんど姿を消したので、この言葉も消えた言葉でしょうか。
私の部屋はHOBBY & PC部屋。でも飾ってある写真はバードカレンダーです。写真はそのうちいつか、と思いながらも月日が流れました。
更にこの時期は室は暖房しても寒いので「シベリア」と呼ばれています。癒されるどころか即退散します。

背景は常に気にして場所は選びますが選べない機会の方が多いのですよね。更に最近はシャッターを押す事を少なめにしています、大半が削除ですから。

投稿: | 2017年2月 7日 (火) 22時44分

おはようございます。
残念ながら私はコミミに会いに行く事は出来そうにありませんが、数回前と今回でコミミを堪能させてもらいました。
ぬいぐるみの様でもあり、黄色と黒の目は可愛く、それでも眼光は鋭く猛禽だと知らせてくれます。
私は翼を伸して滑空する時の姿が好きですが、目線のあった止まりものや、青い山並みを背にしての空、目から鱗の田園バック、獲物に向かって舞い降りる瞬間とか、魅力をいっぱい伝えてくれてます。私は飾りたいので(笑)今度A 4の写真をお願いします。

投稿: m-hosono | 2017年2月 9日 (木) 09時11分

ワタスゲさん こんばんは!
天然の枯れ木の止まり木 いいですね~
北限までは踏み込んだことがありません
麦畑の背景も新鮮で勉強になります
先日1年ぶりにオオワシさんと再会できました(^^)v 

投稿: ひまわり | 2017年2月 9日 (木) 23時06分

今晩は、m-hosonoさん。
コミミは猛禽のくせに可愛い!、止まりものでも飛びものでも、絵になるのですよねぇ、そんな所が好きです。

それにフクロウ類は「不苦労」とも「不老」とも言われ、或は学問の神様とも家の守り神とも言われていますから。
出来たら飼ってみたいですが、「え、え、餌が・・・」。

写真の件は後でメールで教えてください。ぜひ飾ってやってくださいませ。

投稿: ワタスゲ | 2017年2月10日 (金) 00時42分

こんばんは、ひまわりさん。
今年のコミミは今まで以上に多い群れでの飛来なので、楽しく撮れますね。
麦畑は逆光でコミミは顔が暗くなり、丁度真横に来たあのシーンが何とか見られるものです。背景の緑のフリーハンドの様な線が面白く、コミミが土手を超えると急いで反対側に移動して撮りました。
今までに無いシーンが撮れるとやって来た甲斐があります。
これからもまだまだシーズンは続きます。菜の花コミミ、トライして下さい。

オオワシに会ったのですか、いいなぁ。 冬はなんたって猛禽ですよね(^^)。私は車を乗り換えて今度は四駆ではなくなったので、冬の遠征は厳しくなりました!。

投稿: ワタスゲ | 2017年2月10日 (金) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『再び コミミへ』:

« 『夜な夜な集う怪鳥』 | トップページ | 『野焼きの後に』 »