« 『モリムシクイ』 | トップページ | 『お山の大露天風呂』 »

『モリへ行こう』

前回のモリムシクイは曇り空、思った色が出ない消化不良の撮影となりました。 そして再び西洋忍者に挑戦する機会が巡ってきました。

休日、この秋最高と言うほどの見渡す限りの青空が広がっていました。そうだ、
「モリへ行こう!」

この日は堤の遥か奥の方を飛びまわっていました。 相変わらず多くのカメラマンやバーダーを引き連れながら、かなりの距離を頻繁に素早く移動しています。相変わらずの忍者!。

Img_0423zv2web1_3

Img_9969z3dweb

Img_9981zv3dweb

                         
                          □

Img_0789zv2web5

Img_0842zvweb7

食欲旺盛。休む暇無く モリモリ食べています。

Img_9908zvweb8

上天気に浮かれていると、色は出るのですが、桜の小枝が多く体に影が映りし込み易いという事を今更ながら気付きました。 全く身の程知らずの鳥撮りです。

1羽の小鳥を追っての撮影、ふと鳥の眼から見た鳥瞰図を想像してしまいます。 数メートル下では多くのカメラマンが大砲レンズの筒先をこちらに向けています、こちらが飛ぶと追ってきます、それが毎日の繰り返し。

Img_0856zv3web

Img_9863zvweb

Img_0441zv2web11

                          □

Img_0880zvweb3

Img_0390zv2web14_2

Img_0445zvweb15


でも、そんな光景も気にせず、居続けてくれます。 小さな体なのに何とも健気な鳥です。
時々鳴く声が仲間を探している様な哀愁のこもった声にも聞こえるのですが。
本来はヨーロッパや西シベリアから冬はアフリカに渡って行く鳥、それが迷い鳥となって日本に飛んで来たのです。 無事渡りを続けて仲間の居る所に行きつけるといいのですが。。。

そして最後は前回に引き続いて「飛び出しもの」で締める事とします。

Img_0457zvweb16




【画像はクリックすると大きくなります】

|

« 『モリムシクイ』 | トップページ | 『お山の大露天風呂』 »

コメント

わたすげさん、おはようございます。
「モリへ行こう」、出来すぎのタイトルです。粋な仕掛けですね。

青空の珍鳥撮り、行くと思っていました。私が行った時は朝方は青空でしたが次第に雲が広がってしまいました。 何とか撮りましたが、下手な鉄砲を打ち過ぎて帰ってからは大量の削除作業に追われました!

枝かぶり無し腹打ち無し、くっきりすっきり 表情と構図はさすが!

投稿: 散歩鳥 | 2016年11月 8日 (火) 07時51分

ワタスゲさん こんばんは☆
『モリへ行こう』のタイトルと西洋忍者の表現に思わず微笑んでしまいました(^^)なぜか勝手にPPAP♪を連想して(^^;)
モデルさんは可愛くスッキリした青空でサイコーですね!
ステキなお写真 ありがとうございましたm(^^)m

投稿: ひまわり | 2016年11月 8日 (火) 19時36分

こんばんは散歩鳥さん。 タイトル通りの鳥でした。
まだ居るそうです。食料満ち足りて居心地が良くて、渡りを忘れてしまったのでしょうか?心配です。
シジュウカラと行動を共にしているので、自分がモリムシクイだという事を忘れている?

明日は木枯らし一号が吹き荒れると言うのに。うーん、1羽で南国まで渡りをするには厳しいのなら、ウグイスの仲間、彩の国で冬を越しましょうか。さて。

私も押したシャッターは数知れず、削除の山でした。カメラ泣かせです。

投稿: ワタスゲ | 2016年11月 8日 (火) 23時16分

こんばんは、ひまわりさん。
ペンパイナッポ―アッポーペンでしょうか。ちょっと記憶とカタカナがあやふやです(汗)

休日の青空が呼んでいましたので再び行ってきました。しかし相変わらずのすばしっこい動きと枝の影に悩まされ累々と数百枚の画像削除の山、いや山脈です。
ここに載せたのはそのうちのすっきりなもの選抜の10枚ほどですから。

居てくれるのはいいのですが、渡りの季節が終わりかけるのが心配です。もう南の国に行きなさい。

投稿: ワタスゲ | 2016年11月 8日 (火) 23時39分

ワタスゲさんこんにちは。
青空の中、すっきりくっきりチャレンジ成功ですね。

私も行ってはみましたが、右と思えばまた左、自由自在で翻弄されました。
それに大丈夫でしょうか。小さな体なのにあんなに食べ続けていて、あまりの食欲に恐れ入りました。

投稿: 星鴉☆ | 2016年11月 9日 (水) 14時41分

こんばんは、星鴉☆さん。
右と思えばまた左、忍者とも牛若丸とも言えますね。長玉レンズを構えて、あっちこっちへと追って行く様は、さしずめ弁慶と言うところでしょうか。確かに翻弄されました。

そう、一日中出ずっぱりの餌探し!葉の裏側の虫をうまく捕まえていました。肥満になりますよ。
迷い鳥ですから果たしてこれから渡りをすることが出来るのか? そしてどこに向かうのでしょう。少し心配です。

投稿: ワタスゲ | 2016年11月 9日 (水) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555320/64455000

この記事へのトラックバック一覧です: 『モリへ行こう』:

« 『モリムシクイ』 | トップページ | 『お山の大露天風呂』 »