« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

『ゆっくり来い来いお正月』

今回のアップは昭和が色濃く残る「餅つき」の風景です。
28日は日高市巾着田のそばにある友人宅で恒例の「餅つき」でした。

もう忘れてしまうほど昔の事、学生時代の仲間数家族が集まって始めた餅つき。
その後、新たに知り合いが集まり、家族も増え、つく臼の数も増えていきました。
かれこれ30年近く続いているでしょうか。いつしか「餅つきマイスター」の称号も獲得。
(そんなものはありませんから)

Img_3104web          薪のかまどで蒸す、時代は昭和そのもの。


・・・時は流れ、昔青年も年を重ね、つく臼の数は減っていきました。世代交代。
今はロスタイムに出場するだけのコーチ兼任。 それでも技の伝承をしなくてはならないので、ついつい実技指導。


餅の大半は「こね」で決まると言われています。今回は若者達が多く、デビュー戦を心配そうに見守るサポーター達でした。「大丈夫かなぁ?」

Img_3105web2

彼らが持ってきたもち米は母校の後輩が完全無農薬で作ったと言うもの。炊き上がった時に甘味がありました。

Img_3115web23

Img_30962web5

Img_0144web          お母さんは強いのです、赤ちゃんと二人で餅つき

Img_3114web6          ジュニア世代からも参戦! 明るい未来です。

9臼ほどついて完了。お供えも出来ました。 ついつい熱中してしまい体の痛みが明日頃に出てきそうです。
。。。お正月、ゆっくりと来て ゆっくり滞在していってくださいな。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『Christmas』

今夜は鳥は出てきません。 Christmas Pageantですから。

羊飼い達の前に天使ガブリエルが現れて告げました。
「今、救世主がお生まれになった」と。

Img_1463web1_2
ヨセフとマリア。
旅の途中、ベツレへムのとある馬小屋で男の子が生まれました。

Img_1480web2
羊飼い達が馬小屋にたどり着くと、生まれたばかりの男の子は飼い葉桶の中で眠っていました。
東方からも三人の博士達が光り輝く星に導かれてやってきました。
乳香、没薬、黄金の贈り物をもって。

Img_1467web3_2
そして聖なる夜

Img_1495web5_2

Img_1495yoweb                    我が家のクリスマスの主人公達です         

・・・END
このお話の信憑性はありません、あしからず。

前略サンタ様。
わたくし、今でも遠くからでもわかる様に特大の靴下をご用意してお待ちいたしております。ぜひお立ち寄りくださいませ。 Merry Christmas!



【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『赤い鳥探し』

この日は関東山間部・甲州上空に強い寒気が流れ込み大雪注意報が出ていました。
夜明け前、車の霜取りをしていると意外と簡単に落ちます。あれ?。 鳥見予定の甲州のスポット天気予報を見てみると晴れマーク。 直前まで迷っていた行先は、やはり道路凍結覚悟のオオマシコ探しに決めました。

圏央道、中央道、甲州道を通って8時過ぎに林道入り口に到着。

Img_0843web1
カリカリに凍った雪道を登って撮影地に着くと、餌になる萩は少なく、もう実の大半は弾けて空になっていました。 オオマシコの飛来する群れは少なく数もまばらなようです。 ブルーな予感。
ひたすら林道の水場と見晴らし台の2か所で持久戦。午前中は短くチラッと2回ほど顔見せしただけでした。

Img_1047web2

Img_10472web3

Img_0952web4

Img_0965web5
撮影未消化、負の連鎖は続くのでしょうか?。
午後2時過ぎ。ほとんどのカメラマンがあきらめて帰った後、「その時!」がやってきました。
後15分だけ待ってから帰ろうとカシラダカの群れを撮っていると、ファインダーの隅に赤い色がチラリ。 いつの間にやって来たのでしょうか、雄のオオマシコがこちらを見ていました。群れでは無く今回は単独出演です。

Img_1176web6

Img_1200web7

Img_1256web28

Img_1277web9

Img_1301web10

Img_1331web11

見返りも、カメラ目線もリクエストに応えてくれます。お立ち台に立って!とお願いすると登ってポーズもしてくれました。
かなり長い間の独占撮影会。それは最後まで残っていた者へのご褒美だったように思えるのです。
”終わり良ければすべて良し”の一日となりました。



【クリックすると画像は大きくなります】

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『あぁ 初期化』

♪私は泣いています・・・
突然ブログに画像挿入が出来なくなりました。 他のHPもリンク先に飛ぶと真っ白な画面が。 インターネットに異常発生!。

PCメーカーに診断してもらっても回復せず、更に有料サポートのリモート操作でも息を吹き返さず。 結果は恐れていた最悪の『初期化』。 でした!。

原因はマイクロソフト。 私のPCはwindows 8。 マイクロソフトは画面で頻繁に8.1にバージョンアップを勧めてきました。 そのうちバージョンアップをするしか選択出来ない画面となり、やむを得ずクリック。 自動的に8.1にアップが開始されました。
その過程で不都合が発生していたのです。

リカバリーソフト保存、データバックアップ、初期化、終了後のソフトの再ダウンロードに追われ、貴重な休日がつぶれ、更に仕事が終わってから3日間の深夜労働となりました。

泣くに泣けない出来事。 初期化してもまたあの「8.1バージョンアップをしてください」の恐怖の文字が画面に出て来るでしょう。。。


と言うわけで、こちらも敗れた鳥見です。

『遊水地にて』

休日の鳥撮り。 なのに朝は眠くて寒くて、あと5分だけ・・・と二度寝三度寝。
起き出したのはとうとう6時を過ぎてしまいました。
2時間後、利根川河口堰に到着したものの猛禽はいっこうに出てくれません。今朝は一度もやってこないとか。 鳥との約束の時間?も過ぎていきます。
ミサゴ来たらず。

向こう岸でモトクロスのバイクが轟音を立てて走り始めました。 撤収して次の遊水地へ向かうことにしました。

負の連鎖は続くもの。 この日は冬将軍が暴れまわり特に寒い日。ダウンのフードを被ってマフラーをしていると視界が狭くなり、真後ろからやって来たハイチュウの雄に気がつきませんでした。
視界に入ったのは強風に乗って素早く去っていく後姿のみ。残念。

明るいうちから飛ぶのはチュウヒ。

Img_0560bweb1

Img_0559bweb2

Img_0597web4

素早く横切って行ったのはハヤブサ

Img_0528web3

遥か遠くに15羽程の鷹柱が出来ていました。撮って拡大してみるとトビ柱でした。

Img_0606web5

日没となり、それでも辺りの空が微かに光を保っている頃、遠くにハイチュウの雌が帰ってきました。
撮影限界ですが、山や空が藍染のような色に染まってきれいだったので、シルエットでも写すことに。

Img_0690web6

Img_0702web7

Img_0766cweb9

Img_0775web10

とうとうハイチュウの雄はあの背後からの不意打ち一回きりでした。いつの日か敗者復活戦です。

Img_0616web11

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »