« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

『そうだ、ムギマキ行こう!』

急遽前日の夜に思い立ち、今回は3時起きで信州までの日帰り強行遠征となりました。
とは言ってもムギマキやマミチャジナイが渡って来たかどうかもわからず期待は半分。到着予定時刻が遅めの8時頃と言うのが駄目元鳥見の現れでしょうか。

途中、上信越道PAで早朝の町を覆う雲海に思わずシャッター。
(遠くの山は美ヶ原方面)

Img_8617webb_2

到着すると、朝の貴重な時間なのにちょっと寄り道。
ファーストショットはお決まり戸隠連山の紅葉です。
今年は雲一つ無いまっ晴れ、風も無く、湖面に映る姿はどちらが空か水かもわからないシンメトリー。
その美しさに秋色吐息。

Img_8626web

Img_8642web_2

Img_8634web

神々の森。 ツルマサキの赤い実を食べに来た小鳥たちです。
ツルマサキを見て回ると実がほとんどありません。今年は実の成りが少ないのでしょうか。
3ヶ所の木を巡回しながらしばらく待っていると、飛んできてくれたのはムギマキの雄の若者でした。

Img_9261webm1

Img_93452web

Img_81192web4_2

Img_8126web5_2

Img_9554web10b_2
こちらは雌、やさしい顔をしています。

Img_8986web5b

Img_9093web6

Img_9127web7


マミチャジナイは5、6羽の群れで森中を飛び回り赤い実を食べ尽くすほどの勢い。

Img_8903weba

Img_9009webc


コゲラも赤い実が大好き。ゆらゆら枝にぶら下がりながらも食欲旺盛。

Img_9142web

Img_9129webb

「私もこの森に居るんですけれど撮りませんか?」と紅葉の木にやってきたのはアオゲラと10匹程のサルの群れでした。ザワザワと木立を揺らして出てきたのが黒いやつで無くて よかった、ホッ。

Img_8828web

Img_9197web

遅いお昼は新蕎麦と蕎麦饅頭を食べてお腹も満足。
ムギマキ撮りと秋を満喫出来たので、帰りの上信越・関越道の紅葉渋滞も気にならない帰還となりました。



【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『ノゴマ』

渡りの季節も終盤。 南へ向かう途中のノゴマが近くで羽を休める頃。

いつものように早朝に家を出て車で1時間程の湖にノゴマを探しに行ってみました。
朝霧の中、湖畔にカメラをセットしてひたすら待つのですが、なかなか出てくれません。
前日は午後遅くに見ることが出来ただけとの事、この日もお昼近くまで待ってもシャッターを押すことはありませんでした。


ので急遽Uターンして、ノゴマの立ち寄るもうひとつの場所に行ってみることにしました。
こちらは河川敷のセイタカアワダチソウの中。しばらくしてぽつりぽつりと出てきてくれたのは赤の濃い個体と薄い個体が一羽づつでした。

Img_8389webc1

Img_8386web2

Img_8420bwebb3          キタテハも飛んできて仲間入り

こちらはちょっと赤の薄い方。 普通、雌は喉が白いのですが、時に薄い赤の雌もいます。雄の若なのか、雌の薄赤なのかはわかりません。

Img_8175web

Img_8199webc


・・・来年は湖のノゴマにトライしてみます。



【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ピラカンサの実が。。。』

今年も赤く実りました。
ピラカンサの枝に止まるカワセミを撮るには、出来れば実の少ない枝に止まってくれるのがいいのですが、なかなかこちらの思うようにはいきません。
それでもこの日は何度もやってきてくれました。

時々2羽で追いかけっこをしているので、まだ雄と雌の縄張り争いがあるようです。

Img_8041web1_2

Img_8040web2_2

Img_8050web3_2

Img_8005web4_3

.

Img_7937webb

Img_7942web6_2

Img_7943web7_2

.

Img_7536web9_2

Img_7514web9_2

.

【クリックすると画像は大きくなります】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『皆既月食 』

今夜は皆既月食。
そして満月が隠れた時、赤い月を見る事が出来ます。

皆既月食は太陽、地球、月が一直線に並んだ時に起こる現象。太陽の光を地球が遮り、影の中を月が通過する時に完全に隠れます。
でも月は真っ暗になって見えなくなるわけではありません。

太陽光の波長の長い赤色は弱められながらも大気を通過します。
このかすかな赤色が月面を照らし、ブラッドンムーンと言われる赤胴色を創ります。


始まりは満月から。
Img_76302web

18時15分 左下から欠け始めました。 もうかなり進んでいます。

Img_76553web

Img_7666web

Img_7683web

Img_7703web

部分食の始まりから1時間30分ほどが過ぎた頃、地球の陰に完全に隠れました。
そして現れたには『赤い満月』でした。

Img_7822web

Img_7800web

2時間が経過した頃、左上から再び月の明かりが差し込んできました。

Img_7880web

Img_7904web_2

また金色の満月が戻って来ます・・・2時間半ほどの天体ショーでした。

家の前で写していたのですが少し寒くなってきました。遅めの夕食にすることにします。今夜は「月見○○」でしょうか。

【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »