« 『2014年元旦』 | トップページ | 『ノスリとチュウヒ』 »

『初荷は塒入り』

夕陽を受けてハイイロチュウヒが帰って来ました。
塒入り。

去年の冬に餌場だった荒れ野が草刈りにあってしまったので、ハイチュウは餌場を失いました。今年は何処で餌を取っているのでしょうか。

Img_7595web1

Img_7814web2

Img_7708web6

Img_8841endweb

遥か遠くに雄2羽、雌1羽が飛び交っていました。葦原に来ると低空飛行。
もう一羽は山の上の方を旋回して、やがて消えていきました。

Img_77212web3

Img_7626weben2_2

Img_7611enweb_2

Img_8896web6_2

初詣は武蔵一宮 大宮氷川神社。
おみくじは「吉凶未分」(キッキョウイマダワカラズ)
吉とも凶ともまだ定まらず、待てば良きことあり との意。
待ち鳥(人):遅い。
でした。

今年の鳥見はかなりの忍耐が求められそうです。



【画像はクリックすると大きくなります】

付録 『初夢』
私はシルクハットにモーニング、真っ白に塗った顔に赤い唇のピエロ顔。野外ステージで公演しているパントマイムのマジシャンでした。

「皆さんが見たい鳥の名前を言えば、私が姿をお見せいたします!」とパントマイム。
白い手袋をはめ握り締めていた指をホワイトボードの前でそっと開くと、ボードの上にリクエストした鳥の姿が浮かび上がってきました。

「オオルリ」「キビタキ」「カワセミ」・・・お客様のリクエストに応じて次から次へと鳥の数は多くなり、ボードは20羽ほどの鳥の画像で埋まりました。

そして、指をワン、ツー、スリーと開いてポンと手を打つと!
ホワイトボードに描かれていた鳥達の画像は本物の鳥となり、一斉に空に向かって飛び立って行ったのです。

拍手喝采。

・・・ウソみたいな本当の初夢の話でした。

|

« 『2014年元旦』 | トップページ | 『ノスリとチュウヒ』 »

コメント

青い山並を背景に飛ぶハイチュウの白さが際立って冬の季節に似合います。
場所と時間の計算と運がなければ撮れませんね。

シナリオを書いても思い付かないくらいの初夢を見たのですから、いい鳥見が期待できますよ。今年もよろしくお願いいたします。

投稿: 散歩鳥 | 2014年1月 7日 (火) 17時58分

ハイチュウはこの後も撮りに言ったのですが、3羽居た雄は帰って来ませんでした。飛んでいるのは雌ばかり。
雄はいったい何処に行ってしまったのでしょうか?不思議。

夢は目が覚めても覚えている特技があります。
見るのはおかしな夢ばかり、出来たら夢日記を書いてみたいくらいです。

今年はどんな鳥と出会えるでしょうか。気楽にお付き合い下さい。

投稿: ワタスゲ | 2014年1月 7日 (火) 20時21分

2014年、よろしくお願いいたします。
素晴らしい初夢でしたね。ストーリーになっていてびっくり!鳥運は良いのではないですか。

私は初詣は頑張って高尾山薬王院に行ってきました、でも元旦にではありませんので。
人間万事塞翁が馬、私もあやかって今年はこれで行くことにします。

ハイチュウは美しい冬の王者、しみじみ、しみじみ、見てしまいました。
寒さに気をつけて今年も可愛い鳥達を見せて下さい。

投稿: m-hosono | 2014年1月10日 (金) 16時55分

こんばんは、m-hosonoさん。
夢は朝起きると殆ど忘れてしまいます。でも夢を忘れない方法、それは「夢か!」と目覚めたら直ぐに反復する事。
そうすればまた寝ても大丈夫、覚えていますから。

でもわからないのは「何処でもドア」の見つけ方です(^^)。ドラえもんに聞いてみたい!。

今年の鳥見は「人間万事塞翁が馬」、プラス思考でのんびり待つ事にします。

投稿: ワタスゲ | 2014年1月11日 (土) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『初荷は塒入り』:

« 『2014年元旦』 | トップページ | 『ノスリとチュウヒ』 »