« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

『夜桜』

今年の桜は開花が早く心の準備が無いまま満開を迎えてしまいました。

3月半ば。
「突然ですが桜前線様御到着、開花宣言です!」
ありゃ。

そして何処にお花見に行くかを考える暇も無く
「突然ですがただいま春爛漫。満開です!」
ちょっとぉ!

という訳で・・・仕事帰りに都会の夜桜と庭園の名所『六義園』に出陣とあいなりました。
ので、今回は鳥の話ではありません。

六義園は徳川綱吉の御側用人・川越藩主 柳沢吉保の庭園。
夜桜を写そうとしても庭園は三脚禁止のため手持ちでシャッタースピードは泣けてくる1/8秒。
手ぶれ防止にASA感度を上げてもそんな遅いシャッターを切ったことはありません。
頭を使って撮りました(*゚▽゚)、 多少の手ぶれはご愛嬌。

Img_7641enweb
庭園に入る内庭大門は桜色に燃えています。


樹高15m、幅20m、一本のしだれ桜が今日の主役。
ライトアップされた桜は夜空に鮮やかに浮かびあがっていました。

Img_7623finweb2

Img_7416web

前日のNHK「ニュース9」で六義園の夜桜中継があったため人出も多く、誰も居ない瞬間を探して写すのにかなりの苦労。

Img_7454web_2              見上げればそれは、花宇宙のようにも見え。。。

Img_7651web          滝桜のようにも見え。。。

Img_7422web          「夜桜お七の花かんざし」
         前夜の激しい風雨にも耐えた一途さもあり。。。

満開から3日目
薄紅色の夜桜は妖艶であくまでも美しく
はらはらと散る姿ははかなく幻想的でした。


ぶらぶら夜の江戸庭園。

Img_7545web         吹上茶屋         

Img_7604web_3          中の島の水鏡 

Img_7531web_2          夜のお茶会

Img_7550web          滝見茶屋

Img_7592web_2          吹上の桜

Img_7661enweb          竹林

さくら吹雪とともに春が通り過ぎてゆきます。。。

【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (8) | トラックバック (0)

『ご近所の不良少年達』

今日もバードカービング教室の前に、「不良少年達」に会いにちょっとだけ早朝鳥見。

近くの2ヶ所の公園のヤドリギの実を食べに小さな群のヒレンジャクが集まっています。
それはコンビニの前にたむろしている悪ガキ達にどこか似ているのです。
今朝のヤドリギ前集合は5羽。

Img_7050web1

△俺様が「不良少年A」だぞ!  ▽俺は「不良少年B」。

Img_6862webeb2

▽俺は「不良少年C」。

Img_6624weben
あとは飛び回っているうちにわからなくなってしまったぞ!(;´▽`)

Img_7072web

Img_7108web3

Img_6520weben3b

それでグループの頭は俺様だ!▽
見てくれ、顔の傷が歴戦の勇士。 ワイルド×3だぜ。

Img_7121web

ヤドリギの実を食べては公衆の面前で長ーい糞をタラーリ垂れ流し。
こんな所が悪ガキたる由縁、少年法のため目には墨入れしてあります。

喉が渇くと木のウロに溜まった水を飲みに舞い降りて来ます。良く見ると口元に水滴が。

Img_7005web_2

Img_6987web

頭が飲みに来ると、ちゃんと順番待ち。
首を長ーくして 「頭ぁ、まだですかぁ」 ▽

Img_7016web_2

Img_7026web

ようやく飛んで行ってくれました。

連日気温も上がり桜も咲き始めました。春一番が吹き荒れているこのごろ、もう直ぐ北帰行の始まり。
連雀悪がき隊ご一行様、見納めです。


こうしているうちにバードカービングにはまたまた遅刻。
携帯が・・・
「今、何処にいるんですか!。まさか教室のある日に鳥見なんてしているんじゃないでしょうね・・・・・」
バレバレでした。
今日はカービング展のアテンドが入っていたのです。

005photo2

Photo

【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『まもなくバードカービング展』

『北本バードカービング展2013』が埼玉県北本市の北本自然観察公園内・県自然学習センターで 3月10日(日)~3月24日(日)まで開催されます。

バードカービングの第一人者・講師の成川 治氏の作品、彩鳥会・彩の国バードカービングクラブのメンバー40人の作品を含め70点あまりが展示されます。

007web

Photo_3
公園内にある市天然記念物、樹齢200年のエドヒガンザクラでも愛でながら お立ち寄りください。

私の今年の作品は美声の持ち主「コマドリのペアー」

Img_6125enweb1

Img_6119ebweb2_2

Img_6141web3

美声といっても声は出ません、あしからず。
最終仕上げの段階、まだ搬入日まで数日あるので日ごと変わっていきます。


『冬の瑠璃色』

3月、鳥達の北帰行が始まります。白鳥がシベリアに帰っていきました。
帰る前に冬の常連さんも載せて欲しいという要望?(*゚ー゚*)にお応えして、赤い鳥の後は青い鳥ルリビタキ。

ルリビタキは大好きな鳥のひとつ。
去年のバードカービング展の作品も「飛翔するルリビタキ」でした。

特につぶらな瞳がかわいく愛くるしいのはお嬢さん。
水場にやって来ました。近寄ってきては盛んにポーズを取ってくれます。

Img_9111web1

Img_9253eweb2

Img_6014web3

Img_6034web4

Img_6006weben5         「可愛い総選挙」ノミネート。最有力候補。

色の少ない冬に瑠璃色と黄色の刺し色がきれいなのは雄。

Img_1732web5_2

Img_1723dweb

食べ物の少ない季節、何の実を食べているのでしょうか。コガラもこの実を食べに来ていました。

Img_6186web1

Img_6197web2e

Img_6219web3

目が合うとポーズ!。人なつっこいルリビタキを見ていると癒しの穏やかな時間が流れていきます。



【画像はクリックすると大きくなります】

続きを読む "『まもなくバードカービング展』"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »