« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

『X'mas Tree』

Img_9798web_3

拝啓 サンタクロース様、 靴下用意してお待ちいたしております。



【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『その後のオジロビタキ』

この日はバードカービング教室のある日。
それでも、早起きをして気になっているオジロビタキを朝の1時間だけ見に行ってみる事にしました。

まだ居てくれるのだろうか。
森に着くと今度はメタセコイアから少し離れたハンノキの林の中を飛び回っていました。

愛らしさは変わらず! 今回は少しアップで狙ってみる事に。

Img_9366web2

Img_9415enweb 

Img_9449web2

Img_9289web3

Img_9321web4

人慣れしたのか、かなり近くに飛んで来てくれます。
地上に降りては餌を捕らえて朝食中、 こんな虫を食べていました。

Img_9380eweb

Img_9391web

Img_9350web_2

・・・このまま年越しをしてくれるのだろうか。

最後に森を一回り。
すると50羽程のエナガの大群が周りを取り囲む様に次々と枝渡りをしてきました!。
群れの中で、あまりの美しさに呆然。
後にはキクイタダキも、ヤマガラもヒガラもメジロも次々と目の前にやってきては去って行きます。

それは早起きした御褒美にもらった桃源郷のような瞬間でした。

気がつくと9時半。バードカービングは完全に遅刻です!
何と言い訳をしようか (;゚∇゚)



【画像をクリックすると大きくなります】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『オジロビタキ』

野鳥の『可愛い総選挙』をしたら・・・(どこかの選挙の話ではありません)
「かわいいユニット」のセンターの立ち位地候補にあげられるのはオジロビタキでしょう。

目はクリクリっとして大きく、優しい表情をしている。
白い刺し色の尾羽を上下に小刻みに振るしぐさはなんとも可愛い。
その振る舞いはいつまでも見ていてもあきない。

ファッションは胸元の淡い黄色と名前の様に尾羽の白いのが控えめで清楚。
と言うよりユーラシア大陸生まれなのでやや地味系なのだけれど、そこは今後の伸びしろがあるという事で(ありえないって)一票投じます。


近くの森にオジロビタキがやってきた。
今まで立ち寄ったことは無いのに。今年は秋の渡りの頃から色々な鳥達が翼を休めに来てくれる。

Img_8832enweb1

Img_8834enweb2

Img_2197web3          「だれか呼びました?」 飛んで来てくれたのは雌。 

この森に立ち寄ったのは越冬地へ向かうための渡りの途中。
体力を付ける一休みなので普段はなかなかお目にかかれない。

Img_8654web5

Img_8625web6

Img_85392web
燃えるような色を残している初冬のメタセコイアの木々の中を飛び回っていた。

Img_2331web7

Img_20392web8

Img_2307web9
まだまだ先は長い。無事に約束の地にたどり着くことを願いながらシャッターを切った。
いつまでも見ていたい、そんな気にさせるオジロビタキでした。

Img_8943web10_2

【画像をクリックすると大きくなります】

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »