« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

『大瑠璃がやってきた』

青葉が映える頃、夏鳥シーズンの到来。
マイフィールドに青い鳥オオルリが渡って来ました。

Img_8883webb

Img_8253web2

ここは渡りの中継地。
東南アジアからの旅の疲れを癒し体力を付けるために短い間だけ滞在します。
瑠璃色が新緑に映えてきれい。

Img_8222web3

Img_8527web4
散り終わった桜の木に虫を食べに来ていました。
近くに雌がいるので美声でさえずってくれます。

Img_8873web6

Img_8870web7

Img_8627web8

この日はサービス満点! 先ずは花絡みから
名残の桜を惜しむように。

Img_9116web9

紫花菜をバックに。

Img_8636web

Img_8935web12

Img_8865web13b
名も知らぬ黄色い花もバックに

Img_9097web14

こんな所にも止まってくれます。 蛇口をひねって欲しいのでしょうか?

Img_8553web10

極めつけは、フクロウの頭にも止まりました!

Img_8997web16
Img_8989webc

実は公園にあるフクロウの木彫。「君は何者?」と言っているみたい。

オオルリがやってくるのはこれから始まる一年間の鳥見の序章。。。



【クリックすると画像は大きくなります】

| | コメント (10) | トラックバック (0)

『グリーティングカード?』

Img_7921web4_3

Img_7909web2_3

Img_7900web3_2

Img_7927web7_2

Img_7931web8_3

Img_7899web9_3

Img_7919web6_3

Img_7944web5_3

どこか 南仏の農家の片隅にある作業小屋を思わせる風景。

さり気なく置かれている小物達がしっかりと役割を果たしているにくい演出。
どんな小物が置かれているのかをじっくり探すのも楽しい。

どこを切り取ってもグリーティングカードになりそうで・・・
でもカードではありません。

家の近くにある花屋さん、「フローラ黒田園芸」の庭先の風景。
寄せ植の花の色彩感覚にもシックなセンスの良さがきらり。

Img_7914web10_3

Img_7947web12_3

Img_7929web14_3
ここはガーデニングでは有名なお店。 
出版された本や雑誌を見て全国から新幹線や飛行機でやって来ると言う。
近くに住んでいるのに知りませんでした。

ここを知ったのも、最近youさんが北海道から訪ねて来てから。

Img_7946web1b_2                                          Flora Kuroda Engei   since1970

この日は散歩がてら、ラベンダーの鉢植えを買って帰りました。


【画像はクリックすると大きくなります】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『春のこもれ陽の中』

お花見と鳥見に近くのマイフィールドを散歩・・・

Img_8009web1w

Img_8433web2
森の中、一本の桜の木の傍でカメラを構えていると。。。
遠くの方からジュリジュリジュリとお目当ての鳴き声が聞こえてきました。

エナガのペアがやって来て見え隠れしながら枝渡り。
狙いどおりの桜絡みを撮らせてくれました。

Img_8100web3c_3

Img_8108web4            エナガもほんのり桜色

Img_8076web5
白と刺し色のピンクが桜とおそろいで花の中に埋もれているよう。

Img_8129web6

Img_8149web7

Img_8125web8

Img_8146web9

エナガもお花見をしているのでしょうか。
「うーん、きれい」とうっとりしているみたいでした。

Img_8147web10

桜が散る頃・・・夏鳥が渡って来る季節がやってきます。


【クリックすると画像は大きくなります】
ブログのアップはいつも数日遅れます。休日の出来事だと思って見てください(;゚∇゚)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

『桜とガラスとキャナル・カフェ』

春爛漫・・・

Img_5745web1

Img_5742web2e

(今回は鳥の話ではありません(;゚∇゚)あしからず)

学生時代からの友人で吹きガラス作家の谷 祥一 作品展「花とガラスを見い出す」を神楽坂のギャラリーに見に行った。
彼の作品は発想が自由でガラスの素材を通して様々な造形と技、表情を見せてくれる。
今回は野菜をモチーフにしたお皿の器たちが面白い。

Img_7823webed1_2

Img_5773webg2
           アスパラ、大根、ニンジンをモチーフにした器

Img_7839webg4

Img_7796webg5

神楽坂と言えば、近くに桜の頃にぜひ行ってみたい外堀に面した「キャナル・カフェ」がある。
個展の終わる時間を待ってオープンデッキで夜桜を見ることにした。
ここはいつも行列が出来ていてかなりの待ち時間を覚悟しなくてはならない。
さすがに遅い時間だったのでレストランは満席でもウッドデッキのカフェテラスには座る事が出来た。

Img_5815web1

Img_5816webk2

Img_5803webce

神楽坂を舞台にした倉本 聰のドラマ「拝啓 父上様」では、このキャナル・カフェにパティシエの黒木メイサが「待った?」とやってくる、はずなのだが・・・

遅いなぁ。。。

Img_5821weby_2

【クリックすると画像は大きくなります】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『四苦八苦』

こちらは都内の調整池に住むカワセミ。

Img_7593webc1

Img_7560webeb2

春は恋の季節。
カワセミの求愛給餌の行動を期待して今回は家から車で20分ほどの都市公園に会いに行ってみた。

雄は彼、なかなかりりしい。
彼と彼女は期待にそってかなり接近するが1m程の距離を残して枝に止まる。
。。。かなり微妙

普通なら彼が彼女に小魚をプレゼントしてめでたくカップル成立となるのだが、彼女が傍にやって来ても彼は捕った小魚を自分で食べてしまう。

そんなことが何度かあった後
彼女は自分で魚を捕ると対岸のハンの木に止まった。
止まり木に魚を叩きつけて飲み込んでみるが、少し様子が変。

近寄って見ると・・・
かなり大きな魚で飲み込むのに四苦八苦している最中。
5分ほど経っているのにまだ飲み込めず大半はクチバシの中。

Img_7365webec3b
姿勢を正してのどの通りをよくしてみる。

Img_7370webec4

それでも「ゲーッ」

Img_7375web3e_2

反り返ってみれば飲み込めるかも、とゴックン!

Img_7381webeb6

のどの下のオレンジが魚の形に膨らんでいる。 まだ尾びれが引っかかる。

Img_7386web5e_2

飲み込んだかと思えたが再び「ゲッ!」

Img_7394web6e_3

どうにか収まったみたいだけれど、まだ尾びれが見え隠れしている。

Img_7395web7e
「あぁ、窒息するかと思ったよ!」と言ったとか言わなかったとか・・・

Img_7398webeb10

彼女の目はこころなしかウルウルしていたようで、しばらくは動けなかった。

あぁ、♪恋は、私の恋は・・・


【クリックすると画像は大きくなります】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »