« ちょっと美人のお母さん。 | トップページ | 『蒼の谷へ』 »

『オレンジの谷へ』

天気予報は曇りのち雨、さらに各地に大雨注意報が出ている最悪の日。
休日出勤の代休で久々のウイークデー鳥見だというのに。。。
でも午前中の「曇り」に賭けて朝5時に出発することにした。
色美しく美声の持ち主、コマドリに会いたい!

高速を抜けて山道のワインディングロードを快調に走る頃には青空もちらほら見え隠れしてきた。
山に着くとさっそく小さな谷川の側にカメラをセッティング、何とか天気はもちそう。
曇り空の方が撮影には影が出来なくて最適、だからかえって良かったのかも。

コマドリは標高1500mを超えないと出会う事は無い、さらに軽やかなさえずりは聞こえても笹藪の中を生活の場にしているのでなかなか姿を見ることも出来ない鳥だ。

1時間経過、やはり声は聞こえても姿を見せてはくれない。
待ち疲れた頃に笹の茂みの中から突然やって来てくれました!。
オレンジ色の鮮やかさが薄緑色の苔の色に映えてきれい。
こちらがじっとしていると苔の上を歩き回ってくれる。

Img_6466bweb1

Img_6450bweb2

Img_6464web3_3
コマドリはオオルリ、ウグイスと共に日本三鳴鳥(にほんさんめいちょう)と言われ、その語源は「ヒン、カラカラカラ・・・」という鳴き声が馬のいななきの様に聞こえる事から?
(僕にはどうしてもそうは聞こえないのですが)「駒鳥」と呼ばれるようになったと言われている。

Img_6471web5

Img_6454web4

次に出た時は、苔の上で虫を探す姿がダンスをしているように飛び跳ねてくれた。
でも「ダンスはうまく踊れない」みたい。

Img_6604bweb0

自慢の美声のさえずりも聞かせてくれる。
期待の尾羽を広げてのラブソング姿はお預けだったけれど・・・

Img_6620web6

9img_6623web7

今年はコマドリの個体数が少なくて出てきたのも数回だけ
それでも出会えただけ幸運なひと時は直ぐに時間が過ぎていく。

最後のシャッターを押してオレンジの谷を後にする事にした。

Img_6630web01

             記念写真を一枚  チーズ!


(*ブログの中の全ての画像はクリックすると大きくなります)

|

« ちょっと美人のお母さん。 | トップページ | 『蒼の谷へ』 »

コメント

コマドリ・・声も、名前の響きも良いですね。
オレンジ色の美しい姿のこんな鳥が、笹の茂みの中から現れる、というのが、ちょっとビックリです。

でも、苔の上で囀る姿は愛らしい。
口を開けてハミングしながらステップを踏んでいるようで軽やか、楽しそうです。

この子は胸の色が濃いように見えますから、もう立派な大人でしょうか。 
チーズ、のポーズも決まっています。


投稿: はな☆はな | 2011年5月16日 (月) 09時40分

綺麗なオレンジ色が出ていて、いい個体ですね。
私はコマドリ遠征に行っても鳴き声だけで空振り。
やはりコマドリは緑のコケが似合います、今年は私もまたトライしてみます。

ところで「ダンスはうまく踊れない」はいい歌でした!

投稿: ウッドペッカー | 2011年5月17日 (火) 15時26分

こんばんは、はな☆はなさん。
あまり天気の良くない条件でしたが、かなり近くまで出てくれました。
彼はオレンジの濃いきれいな成鳥です。

薄緑色の苔の上を細く長い脚で軽やかにステップを踏みながら渡り歩く姿は何度見ても可愛い。 そして天下の美声の持ち主ですから、駒鳥に金棒!。
チーズ、は出演料を払いましたから。

今、バードカービングでコマドリを製作中です。完成したらお披露目します。

投稿: ワタスゲ | 2011年5月17日 (火) 21時10分

コマドリの素敵な画像を見てから声を聞きたくなって、ネットで探してみました。
よく響くいい声ですね。

爽やかな渓谷できれいな姿と美声を聞いてのんびり?出来るなんて最高ですよね。

投稿: 野の風 | 2011年5月18日 (水) 17時54分

こんばんは、ウッドペッカーさん。
コマドリは雨模様の方が姿を表してくれるみたいです。
苔の上をダンスしながら飛び跳ねていました。
6月下旬の子育ての頃が狙いでしょうか。

「ダンスはうまく踊れない」いい曲ですよね。石川セリ、コマドリとは違ってハスキーボイスでしたが(^^)。
陽水が付き合う時に気を引くためにプレゼントした曲とか。コマドリの雄が踊るのは、やはり雌の気を引くための必需品?。

投稿: ワタスゲ | 2011年5月18日 (水) 19時46分

こんばんは、野の風さん。
森の中からはコマドリとキビタキとコルリの声が入り混じって聞こえ
「今のは!?」と辺りを探す事のほうが多くて優雅な時間はありませんでした(^^)
でも思えばそれは贅沢な囀りでした。

「オレンジの谷へ」の次は「蒼い谷へ」を出来れば紹介したいと思います。

投稿: ワタスゲ | 2011年5月18日 (水) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『オレンジの谷へ』:

« ちょっと美人のお母さん。 | トップページ | 『蒼の谷へ』 »