« 『蒼の谷へ』 | トップページ | 『CATS』スター »

山野草、薔薇祭

また薔薇の季節が巡ってきた。
5月になると朝の通勤路を薔薇満開の与野公園と駅前の薔薇園を通るコースに変える。単調な通勤路は花の香りに包まれる事になる。

知り合いのKさんの奥さんが薔薇祭に山野草の作品を出品展示するので見に行った。
作品の側には何故か拡大鏡が置いてある?
覗いてみるとびっくり!!!
「いったい、これは何?」
踊るように咲く 白く小さな可愛い花々。

Img_7581web1

アップにして撮ると・・・
Img_7572web2

緑の野原いっぱいに飛び跳ねている「うさぎ達の群れ」がいた。
ワイワイワイワイその数知れず。
花の名前は「ウサギソウ」
花のひとつひとつは確かに耳を立てた「うさぎ」そのものだった。

そして極めつけは「ミミカキグサ」

Img_7589web3

すらっと伸びている茎の先をアップで撮ると・・・

Img_7574web4_2

何と「クリオネ!」
風にゆらゆらクリオネの群れが泳いでいた。
色も形もサイズも、どう見ても本物。 さらにアップにすると

Img_7574web4b

こんな山野草は初めて。 開催日に見てくださいと咲いた「うさぎ」や「クリオネ」
そして咲かせた技もすごい。

山野草、奥深し。。。


与野公園の薔薇祭、今年は薔薇園をロウソクの灯りでライトアップする催しが行われた。

Img_7489web5

Img_7502web6
撮影は夜薔薇見物の人が多く、ロウソクの灯りもカメラ泣かせ。
シャッタースピードはバルブで2秒間開けっ放しなので人の流れる影と風に揺れる薔薇の花で撮影は難航。
それでもどうにか灯りに浮かぶ薔薇をアップする事に。

園内でちょっと気になったお嬢さん!(^^)

Img_7541web7

         その名は「サマーレディー」


一方・・・
この季節になると思い出す、あの「僕の一目惚れの彼女」は今頃どうしているのだろう、元気で暮らしているのだろうか。
病は回復しつつあるのだろうか。

療養先のサナトリウムに問い合わせしてみると主治医のY先生から近況を知らせるメールが来た。 今年は6個の花を咲かせたらしい。
添付された写真を見ると、痛々しい幹の代わりの枝がだいぶ伸びて薄桃色のやさしい花をつけている。

Sakuragai_1web8

「純情可憐な彼女、少し咲きすぎて熟女になりました」とのコメントが添えられてあった。
そして接木して育てられた「あくまでも僕のさくら貝」の子供も清楚な花を付けている。
紛れもなく「一目惚れ」した頃の彼女を彷彿とさせていた。

Sakuragai_web9

でも、いつサナトリウムから僕の手に戻れるのかは
今年も書いてありません。。。でした。

【画像はクリックすると拡大します】

|

« 『蒼の谷へ』 | トップページ | 『CATS』スター »

コメント

こんな小さな可愛い花を付ける山野草があるんですね。びっくりしました。

ウサギソウは名前そのまま。
ミミカキグサは・・どうしてそんな名前が?。
ちょっと調べてみたら『残存する萼片が耳掻きの形に似る』からだそう。
花はクリオネにも似ていますが、チュチュを着たバレリーナにも見えました。

さらにびっくりしたのは、これらの山野草が食虫植物だった事です。

サマーレディー・・やっぱり一目惚れの彼女に似ていますね(^^)

投稿: はな☆はな | 2011年5月27日 (金) 00時01分

昼はフクロウや野鳥、夜は薔薇と、カメラを担いで確かにワタスゲさんの5月は忙しい(^^)。

うさぎとクリオネにはびっくり!
まるで絵本の中に飛び込んだような世界でした。
こんな山野草があるんですか。

一目惚れの薔薇はサナトリウムにいた方が彼女にとっては幸せなのかも。初恋は実りませんから、なんて。

投稿: 散歩人 | 2011年5月27日 (金) 13時58分

こんばんは はな☆はなさん。
ウサギソウとミミカキグサ・クリオネは驚きですよね。
拡大鏡を覗くと小さな動物園と水族館を見ているようでしたから。しばらくはその世界に魅せられていました。
バレリーナ、それもいいかも。。。

山野草のイメージは完全に違い、僕もついつい調べてしまいました。そう、食虫植物だったのです。ビックリ×2でした。

気になる「夏のお嬢さん」は、やはり「さくら貝」に似ていましたか・・・(*゚ー゚*)

投稿: ワタスゲ | 2011年5月28日 (土) 00時22分

こんばんは、散歩人さん。
思えば5月の休日はほとんどが鳥見でした。出勤前の朝と帰宅後の夕暮れ鳥見のダブルヘッターも。
ちょっと一休みしたいところなのですが・・・

ウサギソウやクリオネは小さな世界に繰り広げられていた驚きの未知との遭遇でした。

「一目惚れのさくら貝」は6年程前の薔薇祭でその美しさに思わず衝動買いしたもの。瀕死の病におかされて花の先生の所に緊急入院、「育て方が間違っています」とドクターストップがかかったままなのです(涙)。

投稿: ワタスゲ | 2011年5月28日 (土) 00時49分

うさぎとクリオネはメルヘンの世界。 きっと見ていると時間の経つのを忘れてしまうでしょう。

山野草にこんな花達がいたとは驚き!。ちょっとネットを歩いてみます。

一目惚れは見直に花のお医者さんがいて良かったですね。
愛情が一番ですから。

投稿: 野の風 | 2011年5月28日 (土) 10時39分

こんばんは、野の風さん。
うさぎとクリオネ、実物を見るときっと育ててみたくなるでしょう!。
そしてこれが食虫植物とは二度の驚き。

花のお医者さんはさすがに名医です。
カイガラムシにおかされ、手遅れ状態で頼み込みましたから。
でも戻すとまた枯らしてしまうからと、なかなか退院許可を出してくれません。
内緒ですが、どうも養子にしようと思っているみたいで(^^)

投稿: ワタスゲ | 2011年5月28日 (土) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山野草、薔薇祭:

« 『蒼の谷へ』 | トップページ | 『CATS』スター »