« 山野草、薔薇祭 | トップページ | ラスト フクロウ »

『CATS』スター

トラフズクの3羽の雛が巣立った。
巣立ちを終えるまでは掲載するのを控えていたが、無事に一家で森の奥に去って行ったので巣立ちまでの様子を紹介することに。001web1_2

         ここはトラフズクの森
思えば4月の終わりから5月の半ばまでこの森に通った。
これはその5回の記録。

トラフズクは他のフクロウ類とは違って洞を使わずに樹に巣を掛ける。
この森は巣立つと杉林の高い梢の上に親が導いて行くのでほとんど雛の姿を見る事は出来ない。
まして巣立ちに立ち会う事は週末しか見に行けない僕には偶然が重ならないと・・・

「うちの子、劇団四季から素顔のままミュージカル・CATSに出ないかと出演交渉が来ているのよね。 でもこれでもネコではなくてトラですから!」
とトラフズクのお母さんが言っていた。
Img_6245web2_4
Img_6342web4_4

雛の姿はまるで白い羽毛の着ぐるみを身につけているみたいでCATそのもの。
フクロウの雛とは又違った可愛さがある。

Img_9917web3_2

         まだまだお母さんと一緒。
一方、お父さんはと言うと、いつ行っても近くの高い杉の木の枝で ZZZZZ・・・・
夜のお勤めなので昼はお疲れモード。
どうにか葉の切れ目を見つけて撮ったがほぼ天井、目も開けてはくれない。
Img_6015web1

一週間後、逢いに行って見ると3羽の兄弟達はかなり大きくなっていた。親ももう巣には居ない。
雛達は巣の中で盛んに羽ばたいている。くるくると首を回したりして、かなりの愛嬌もの。外の世界にも興味深々。

Img_7107web5a

Img_7111web10_3

         これが3兄弟。産毛の生え方が三者三様で面白い。
次の休みの日、夕方になると巣から飛び出したり、又戻ったりを繰り返し始めた。
もしかしたら「巣立ち」をするのかも。
でも辺りは薄暗くなり、シャッタースピードは限界以下の1/6秒、画像が止まらない。

巣立つのかと思うと、また後戻り・・・何時間待っただろうか、帰るに帰れない状態が続く。
午後6時半過ぎに長男の「虎之介」がやっと決心をして巣立ちをした!。
えっ?誰が「虎之介」と名付けたのかって?
いつからか地元ではそう呼んでいましたから。
Img_7223web9

          じゃぁ兄弟、お先に巣立つよ!

Img_7220web6
何年目かでやっと「巣立ちの瞬間」に立ち会うことが出来た。
胸の羽毛はすっかり白から濃いグレーへと変わっていて、顔立ちも凛々しい。
目つきは雛でも猛禽の風格がある。

こうしてトラフズクの3兄弟は無事に巣立ちを終えた。。。

かって、家からさほど遠くない農家の屋敷林にトラフズクは10羽以上の集団でやって来ていた。
しかしその楠の屋敷林は切られ、以来トラフズク達の姿を見る事は無かった。
今ではここが唯一の営巣してくれる貴重な森となってしまった。

|

« 山野草、薔薇祭 | トップページ | ラスト フクロウ »

コメント

トラフズクの親は春に多摩川で撮りましたが、雛は見た事が無かったので「トラフの森」まで遠征しました。

私が行った時は虎之介が巣立った後、枝被りも無く良く見える時でした。
そして本当にcatsでした!

投稿: 晴鳥雨読 | 2011年5月31日 (火) 17時54分

こんばんは晴鳥雨読さん。
トラフズクの雛は今年が一番良く見えましたから遥々遠征に行った甲斐がありましたね。

巣立ちのシーンには思わず力が入ってしまいます。
巣立ちしたトラフズクの雛達は集まって並ぶのでいつかそれを見られたら・・・。
数少ないトラフズクの森ですからいつまでも大切にしたいものです。

投稿: ワタスゲ | 2011年5月31日 (火) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『CATS』スター:

« 山野草、薔薇祭 | トップページ | ラスト フクロウ »